スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

色いろIROiro

食べたくないけど食べてみたい。
思い切った色で嫌いじゃない。

「好きじゃないけれど、嫌いじゃないよ」
まだ我が学校に通っている時代に先人が言った。
言葉遊びをするなと心で思った。

そろそろ首に布を巻く季節が来るのではないかと思っている。
夏も嫌いじゃないけどね。

※画像の出展:公式twitter

色いろIROiro への1件のコメント

  1. nsagisa より:

    普段お世話になってる身としては期待!!!
    味覇って読み仮名ウェイパァーなんですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ねこふんじゃった

「ねこふんじゃった」という曲をご存知だろうか。そう、ピアノの前に座ったら弾かずにはいられない、あの曲だ。最近Twitterで「ねこふんじゃったって、なんであんなにみんな弾けるんだろうね」といったツイートを見て、(たしかになぁ。ピアノを習っていない私でもねこふんじゃったは弾けるもんなぁ)と思った。

 

そして私はさらに思った。ねこふんじゃったを弾くことはできるが、歌えないぞ?

ちなみに私は今まで、こんな感じで歌っていた。

 

ねこふんじゃった ねこふんじゃった ねこふんじゃ ふんじゃ ふんじゃった

ねこふんじゃった ねこふんじゃった ねこふんじゃ ふんじゃ ふんじゃった

ねこニャー ねこニャー ねこニャー ニャー ニャー 〜♪

 

我ながら、適当にもほどがある。「ふんじゃ」ってなんだよ、って感じである。

 

さて、みなさんは歌えるのだろうか。

水曜日の○ウン○ウンとかで、「ねこふんじゃった弾けるけど歌えない説」をやってほしいくらい、全国のねこふんじゃったの歌唱率が気になっているので、教えてほしい。

 

 

まったくもって本当の歌詞がわからなかったので、調べてみた。

 

 

 

出だしの歌詞がこちら。

 

 

ねこふんじゃった ねこふんじゃった ねこふんずけたらひっかいた

ねこひっかいた ねこひっかいた ねこびっくりしてひっかいた

わるい ねこめ つめを きれ

やねを おりて ひげを それ 〜♪

 

 

第三者的に見て、ねこは何も悪くない。先に危害を与えたのは、ふんずけた人なのだから。にもかかわらず「爪を切れ」やら「髭を剃れ」などと罵声をあびせられているねこ。そもそもねこの髭は剃るものなのか?という疑問点も残る。ちなみに曲の続きでは、人はねこに謝罪の弁を述べているが、誠意がこもっているとは言い切れない。

 

 

あまりにも、ねこふんじゃったの歌詞が衝撃的でおもしろかったので、作詞家を検索してみると、同じ人が「サッちゃん」も作っていた。サッちゃんの曲は1番しか知らなかったが、3番が哀愁漂っていた。こんなに切ない曲だったのか……。気になった人はぜひ、童謡の歌詞を調べてみてほしい。

 

知ってるようで、知らないことって、たくさんあるね。

 

 

2 thoughts on “ねこふんじゃった” への1件のコメント

  1. 428 より:

    ねこふんじゃった ねこふんじゃった ねこふんじゃったらペッチャンコ

    ねこペッチャンコ ねこペッチャンコ ねこふんじゃったらペッチャンコ

    だと思っていました。

    1. tanamichi より:

      それっぽさは、ありますね!(全然違ったけど)
      やはり正確な歌詞を把握している人はいないのか……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『 わたし VS 軟膏 』

 

【9月24日 木曜日:晴れ】

 

 

ここ2週間くらいわたしは眼鏡をかけている。

伊達眼鏡じゃない眼鏡だ。

 

 

というのも、その原因は寝落ちで

わたしには寝落ちしちゃう週間が不定期にやってくる。

寝落ちする瞬間は気分良く眠りに入れるから至福だが

大抵変な姿勢で眠りに入るので、目覚めた瞬間後悔する。

 

 

今月も寝落ちしちゃう週間の波に乗って

寝落ちし続けていたら、その結果めがね生活になってしまった。

そして今、目薬を3種類、目の軟膏を1種類さしている。

ちなみにわたしが通っている眼科の女医さんはやたら色気がある。

例えるなら雰囲気が黒木瞳似。

 

 

ところで、目の軟膏というものをわたしは初めて処方されたけど

みなさん想像つくだろうか。

目に塗り薬を付けるので、寝る前だけで良いのだが

これがまたわたしの弱点を突いてくる。

 

 

今月は寝落ちしちゃう週間がまだ続いていて

軟膏を塗る前に寝てしまうのだ。

軟膏を塗れないまま夜が明けてもう4日が過ぎようとしている。

黒木瞳に怒られる…

来週また経過観察で受診しなければいけないので

今日こそは睡魔に勝たねばならぬ。

 

 

 

ちなみに眼鏡の先輩であるちかこちゃんに

マスク&眼鏡だと曇る、という相談をしたら

「眼鏡を鼻息で暖めると曇らなくなる」

というアドバイスをもらった。

 

そんな馬鹿な。と思ったのと同時に

そんなことを真剣な顔しながらマスクの下で行っていたのか

と驚いたが、とりあえず先輩が言うのでやってみた。

 

そしたら本当に曇らなかった。

やっぱり先輩の言うことを一度は素直に聞き入れることは大事だ。

とにかく今日は軟膏をちゃんと塗るためにも早く帰る。

 

 

 

 

おしまい

※このブログはほぼフィクションです

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『ブタ愛』

 

 

 

【9月23日 水曜日:晴れ】

 

 

今日は、流れ的に矢沢さんの紹介をするかと思いきや

あえてさゆりんの話をしようと思う。

 

 

なぜかと言うと、さゆりんが最近このブログを読んでいないからだ。

読んでないのを良いことに、

さゆりんについて話しちゃおうという目論みである。

 

 

 

 

さゆりんはブタが大好きだ。

特にマイクロブタがお気に入りのようで、

マイクロブタを目的にわざわざ東京まで出掛けるくらい、愛が強めだ。

 

 

マイクロブタ東京旅行から帰ってきた時、

珍しくわたしのデスクに来たので

何かデザインの相談事かと思って振り向くと

突拍子も無くマイクロブタだらけのカメラロールを延々と見せてきた。

さゆりんは普段は割とクールなのに、

ブタの事になるとデレデレしだして面白い。

 

 

わたしが愛知牧場にめちゃくちゃかわいいブタがいるんだよと

ブタ情報を教えたときも、普段は素っ気ない反応しかしないのに

目をキラキラさせて食い気味に色々質問してきた。

 

 

わたしとちかこちゃんがコアラにはまっている時

わたしたちのコアラ愛トークを素っ気なくかわしたのに

自分のブタ愛トークは気が済むまで話してくる。

 

 

 

 

つまり何が言いたいかというと、

わたしとちかこちゃんのコアラ愛トークもちゃんと聞いて欲しい。

 

さらに何が言いたいかというと、

ご覧の通りそろそろ書くネタが無くなってきているので

誰かブログ更新してくれないかな〜と思っている。

 

 

 

 

 

 

おしまい

※このブログはほぼフィクションです

 

 

 

2 thoughts on “なぎさの日記/『ブタ愛』” への1件のコメント

  1. さゆりん より:

    素っ気なく見えて実はブタと同等にコアラも大好きだったので、今度のブログでコアラ愛を語りたいと思います。

    1. nagisa より:

      さゆりんのデスクがコアラに囲まれていて察した。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

【9月17日 木曜日:曇りのち雨】

 

 

わたしは捨てたがりだ。

というより正確には、物を探す時間がきらいなので

探さないでもよくするため常にすっきりしていたいと思っている。

だから、必要がなくなったものは真っ先に捨ててしまう。

そのおかげで、わたしのデスクは常に整理整頓されている。

 

 

一方、宮兄は残したがりだ。

わたしからしたら考えられないくらい

デスクが色々なもので埋もれている。

 

 

中でも筋トレ特集のTARAZANがデスクの大半を占めていて

一瞬宮兄がデザイナーであることを忘れさせる。

他にもダンベルとかプロテインとか

職業ボディービルダーなん?

と言いたくなるようなものがゴロゴロと散乱してる。

 

 

一度だけ、宮兄が趣味でやっているボディービルの大会に誘われて

あやちゃんと2人で見に行ったことがある。

すごかったけど、どんな気持ちで見ていればよいのか分からなくて

とりあえず写真だけ撮り、後日社内メールで共有した。

 

 

 

 

話が逸れた。

捨てたがりのわたしと残したがりの宮兄はよく意見がぶつかる。

 

 

この間自分のデスクを整理していたら

宮兄と一緒に仕事をした時の資料が大量に出てきた。

その仕事は筋肉関係の案件で、

後輩であるわたしは当時宮兄に指名されて(付き合わされて)

筋肉について、これでもかというくらい下調べした時の資料だった。

 

 

ちなみに何故かその当時、わたしもそれなりに筋肉が好きになっていて

勢いで名古屋シティーマラソンに2人で出ることになった。

そして何故か社長が

「出場料出すから社名入ったTシャツ着て走って!」

と言ってきて、真っ黄色のTシャツを着て走ったのもいい思い出だ。

わたしは意外と真面目なので

自主練して挑んだおかげで完走できたけど

宮兄は勢いだけで参加していたから完走出来ていなかった。

 

 

 

 

また話が逸れた。

で、その案件も大昔に終わっていたので

わたしはその大量の筋肉資料を捨てようかと思ったのだが

一応宮兄にも聞いてみる事にした。

 

 

な「宮兄〜懐かしい資料が出てきたんですけど、これもう要らないですよね?」

宮「わ!懐かしいやん!え〜〜!捨てんの!マジで?とっとこうや!」

 

 

予想通りだ。

宮兄の思考は大体読める。

 

 

な「じゃ、あげます。」

宮「お〜ありがとさん!」

 

 

こうしてわたしのデスクはきれいになり

宮兄のデスクには筋肉資料が更に増えたのであった。

 

 

ちなみに上には上がいる。

私の上司のデスクは恐らく社内で一番物が多い。

デスクの見えている面がほぼ無い。

私は心の中で上司の事を矢沢さんと呼んでいる。

矢沢さんについてもまたいつか紹介するとしよう。

 

 

 

 

おしまい

※このブログはほぼフィクションです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『揚げたいもの虜』

 

 

 

 

【9月15日 火曜日:秋っぽくなってきた】

 

 

事件だ。

今、シンクスのオフィスグリコのポテチには

うすしお味しかない。

 

 

 

 

 

 

というのも、今週お姉さん(美人)が来なかったのだ。

お姉さんの代わりに来たのは、おじさん(髭もじゃ)だった。

 

 

 

おじさん(髭もじゃ)は、私たちとお姉さんのメモを見つけ

ちゃんと二段分ポテチを補充してくれた。

しかし、それが全部うすしお味だったのだ。

 

 

 

いざこういう事になると、何気ないことだけど

毎回3種類の味を均等に補充してくれていた

お姉さんの心づかいと優しさを感じた。

 

 

 

おじさん(髭もじゃ)の気が利かないと言っている訳ではない。

きっとおじさん(髭もじゃ)は

私たちがうすしお味が大好きなのだと予測して

このように補充してくれたにちがいない。

今まで3種類の味が補充されていたことは

空っぽの箱からは予測不可能だ。

 

 

 

いつもはブラックペッパー味が圧倒的人気だけど

うすしお味しかない今、

なんとなくポテチの減りがいつもより遅い気がする。

 

 

 

わたしもいつもはブラックペッパーかコンソメを選ぶので

久しぶりにうすしお味を食べている訳だけど

改めて、おいしく感じる。

 

 

 

お菓子業界では

定番の味を売るために期間限定の味を沢山発売すると言われているが

原点回帰とはこういうことなのかもしれない。

 

 

 

ちなみに一時期、じゃがりこの新商品が出ると

なぜか「食べねば!!」という謎の使命感にかられ

必ず買っていた時期がわたしにはある。

 

 

 

その後冷静になって

「や、別に買わんでもええやん」

と我に返りその習慣は気付いたら無くなった。

 

 

 

ちなみに

わたし的に好きなじゃがりこの味ランキングはこちら↓

 

 

1位 サラダ味

2位 アスパラベーコン味(限定)

3位 塩レモン味(限定)

 

 

結局サラダ味が1番好きだ。

ちなみに、東京などに行くと

揚げたてじゃがりこが店頭で売っているのを見かける。

あれが本当においしい。本当に、おいしい。(大事)

 

 

 

 

と、いつもポテチの話ばかりなので

たまにはじゃがりこの話をした訳だけど

ca○beeさんにまんまと心を掴まれていることに気付いてしまった…

 

 

 

 

おしまい

※このブログはほぼフィクションです

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

デザイン知識ゼロなわたしが、シンクスに入社して感じた5つのこと

 

今日が、シンクスデザイニングプロ
出勤ラストの日となりました。

最後のブログとなるので
デザインの知識ゼロだったわたしが、シンクスに入社して感じた5つのこと
について報告したいと思います!!

その1、シンクスのデスク環境最強説
シンクスのデスクは、パーテーションになっていて、座っていると目の前の壁が周りの動向を阻むので視界がごちゃごちゃしないという感じになっています。打ち合わせがない限り、隣の席の人以外とは話さないなんてことも…。たまーに寂しく思うこともありますが、多分めちゃくちゃ集中できる配置だと思います。個人的に思ったことは、対面で作業しないから、コロナ禍において最適なデスク環境なのでは?!ということ。ワンフロアだけど密になってないから、全ての会社がこの配置になれば良いのに...。なーんて思っています。

その2、意外に名古屋の人はやさしい。
コピーライターはデザイナーに比べると、取材したり撮影に行く関係で外に出る機会が多い。電車よりも車を使うことの方が多くて、西三河のド田舎で育ったわたしには、片側4車線の道を走行しなければならない名古屋の街が恐怖でしかたありませんでした(ちなみに、二度と運転したくないのは、高速道路の「吹上西出口」から一般道に合流する道です。会社に戻る関係上いちばん左に入りたいのに車通りが多すぎて時間がかかる)。だがしかし!急に、今すぐに車線変更したい!!って時に、ウインカーを出すと高確率で譲ってくれるのが名古屋市を走行する方々なのです。それに気がついてからは、名古屋の街を走行することがちょっぴり平気になりました。だから、名古屋の人はやさしい。んです。多分...。

その3、お昼寝の大切さ
シンクスでは、お昼の12:30を過ぎたあたりから、社内の3分の2が机に突っ伏してお昼寝モードに入っています。実はわたしもそのひとり。入社当時はかたくなにお昼寝をしなかったのですが、午後からの眠気がすごくてですね...。学生時代はこんなに眠たくなることがなかったので、軽く自分にショックを受けつつ、お昼寝タイムを導入。15分寝るだけで頭がスッキリしてからは継続中です。ちなみに、寝過ぎ防止のために携帯でタイマーをかけて握りしめて寝ています。午後からも以前に比べるとスッキリした気持ちで仕事に取り組めるようになったので、きっとわたしはどこへ行ってもお昼寝タイムを設けることでしょう。

その4、改めて気づいた報・連・相の大切さ
これは、入社以来何よりもわたしがいちばん大切だと思ったことです。そして、「できないことはできない」と、潔く言う事も時には必要なことだと気づきました。できないからやらないということではないのですが、「できないからどうすればいいのか」を伝えて周りの人に助けてもらうことは、別に恥ずかしくないし、なんなら早めに言った方がいいということを、昔のわたしに伝えてあげたいです。わたしを助けてくださった方々、改めて、めちゃめちゃ感謝しています。ありがとうございます!!

その5、新しいことをはじめる勇気
シンクスに入社してから3年半で、「シンクス30周年記念パーティー開催」「東京事務所設立」「リモートワークの実施」など、会社的に新しく何かを行った&はじめたという機会に立ち会ってきました。特に30周年パーティーは入社後すぐにあった大きなイベントで、1年目にも関わらず中心メンバーとしていろいろ準備をしてきたことはひとつの思い出です。日頃からお世話になっているブレーンさんやOB・OGに感謝の想いを伝えるために、会場をおさえたり、ムービーをつくったり...と、先輩たちと意見を出し合ってつくりあげていく過程を内側から見ていて、新しいことをやってみるのってちょっと不安だけど、熱意があれば終わった後は達成感になるし、今後の自信にもなるんだなぁということを、当時一丁前に感じていました。わたし自身、明日からはシンクスを離れて新しい道に進みますが、この3年半でシンクスが新しいことにチャレンジするのを目の当たりにしてきたので、行動に移して頑張っていこうと思います。

最後に、月並の〆となりますが、はじめて入社した会社でいろんなことを教わりながら、わくわくした気持ちでものつくりができて良かったです!!長いようで短い間でしたが、大変お世話になりました!!

2 thoughts on “デザイン知識ゼロなわたしが、シンクスに入社して感じた5つのこと” への1件のコメント

  1. nagisa より:

    これを読む前に、気付かず後からいつものしょうもないブログ更新してごめん…!!!!

    1. rinrin より:

      や、nagisaさんのブログ好きなので大丈夫です(笑)これからも一読者として楽しみにしています☻

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ