スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

食の欲

私は食いしん坊だ。そんじょそこらの食いしん坊だ。「食べること」が好きな人は多い。人間の三大欲求の一つだからな。私が専門学生だった頃、お昼ご飯を食べていたら友人が「あぁ、もう食べるのめんどくさい」と言って、弁当を傍らに置いてパソコンで作業を始めたときには心底驚いた。食事を止める理由が「お腹いっぱい」ではなくて、「めんどくさい」なんてことがあってたまるものか。もう1人の友人は、一人暮らしを始めて「ご飯を作ったり、買いに行ったり、食べてる時間より、ゲームしていたい」という訳のわからん理由でどんどん痩せていった。今までそんなヒトに会ったことがなかったもので、私の脳内の世界はちょっとパンチをくらったみたいにグラグラ揺れた。その時は「食欲を忘れて熱中できることがあってかっこいい!」なんて思ったけれど、私はモグモグ食べ続けたし、おかげさまでずっと健康体である。そういえば、その時の私は今より5~6kgくらい体重があって、ちょっぴりプクプクしていたのだが、1人の痩せた女がことあるごとに「健康的だね」と言ってきて腹が立った。「健康的だね」とは時に、悪口になるのである。覚えておいてほしい。少なからず、その女には悪意があった。私にはわかる。年頃の女の子の容姿をとやかく言う奴に、ろくな奴はいない。これ絶対。とにかく、今も昔も食べることが大好きな私だが、今も昔もナイスバディへの憧れは強い。過去に一度「脂肪燃焼スープダイエット」なるものに挑戦したことがある。それはたくさんの野菜をグツグツ煮込んだスープ以外、食べてはいけないというルールのものだ。逆にスープはいくらでも飲んでいいのだ。なら簡単ではないか、と思い、まるで魔女のごとく大きな鍋で野菜スープを作った。1日目は余裕。ただ、レシピどおりに作ったので苦手なセロリもちゃんと入れてしまい、セロリの匂いが気になる。2日目にして、飽き始める。「今日のお昼は何食べよう」「今日の夜ごはんは何かな」と考える必要がない。これは脳の容量の有効活用にはなるのかもしれないが、楽しみがまるで見出せない。3日目の昼まで頑張ったが、夜には我慢できず、母が用意してくれた白米とトンテキを食べた。そのトンテキのうまさたるや。母と姉はトンテキのうまさに感動して泣きながら頬張る私を爆笑しながら見ていた。そんな苦い経験で、私の人生における食事のウエイトの大きさに気づくとともに、セロリへの苦手意識が倍増した。最近、ようやく「満腹=幸せ」ではないと理解しはじめた。(お腹いっぱい食べられる国に住んでいることは大いに幸せなことだが。)お腹がいっぱいになると苦しいし、いろいろな行動に支障をきたす。確かにたくさん食べた“満足感”は味わえるが、少しの“罪悪感”もそこにはある。ビュッフェ形式の食事で、一度ぐるっとラインナップを確認し、たくさんの種類を少量ずつ皿に盛り付けられるようになるまで、25年かかった。フライドポテトをたくさん持ってこないようになるまで、25年かかったのだ。この食べ方ができる人こそ、真の大人だと思う。

もしも、近い未来に「食事をしなくても、このサプリメントさえ飲んでいれば大丈夫!」と謳う商品が誕生して、新たな食事のスタイルが確立されていったとしても、私は食卓で食べる食事を捨てないと思う。最近は料理をする機会が増え、時には「めんどくさいな」と思うこともあるが、生きることは総じてめんどうだ。サプリメントを活用して1分で栄養補給を終える人もいれば、前日からコトコト煮込んだビーフシチューをゆっくり味わう人間もいるのが、この世界なんだ。私は先ほどから、何を言っているのだろうか。きっとお腹がすいているんだ。

2 thoughts on “食の欲” への1件のコメント

  1. nagisa より:

    私がtanamichiを好きだからか、スラスラ読めてしまいました。

  2. ちかこ より:

    さすがコピーライターさんだなぁと思いながら、スラスラ読めてしまいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

魔法の言葉

 

私は、ちょっと上等なお菓子やちょっと値が張る靴を買ったりするときに、おまじないとして「OLだから♪」を使っている。この言葉には(毎日頑張って働いて得たお金なのだから自分の好きなように使っていいのよ)と天使のささやきに似た効果がある。べつに、誰に咎められるわけでもないのだが、いつもは財布の紐をきつく結んでいる“自分自身”をゆるめさせる魔法の言葉だ。私自身、そんなに物欲が強い方ではないと個人的には思っている。しかし、私の姉は常に「このカバンほしい〜」「この靴かわいい〜」と言っている物欲モンスターであり、一緒に買物に行ったりすると、物欲がうつる。そう、物欲は感染するのだ。そして、私は最近、モンスターに会ってしまった。

最新のおまじないは「経済回す!」である。こんな情勢だから、お金を使って経済を回し、国を元気にしなければならないのだ。仕方が無いから、私は焼き肉を食べに行き、スニーカーを買おうと思っている。

5 thoughts on “魔法の言葉” への1件のコメント

  1. nagisa より:

    この、改行を使わずに全面を文字で埋め尽くすのは意図的な新手の表現手法ですか?改行に敏感な私としては新しいな。と思いました。ちなみに、わたしは仕方が無いからAmazonで積極的にポチポチしています。その後、tanamichiさんが靴下用の物干しネットを購入したのかがすごく気になっています。もし購入していたら是非感想教えて下さい。

    1. tanamichi より:

      するどいですね。米津玄師のDIARYを意識してみました。言葉が上手いからか、私が米津を好きだからか、改行のない長文でもスラスラ読めてしまうもんだな、と思ったので物は試しです。ところで、靴下用ネットは購入していません。nagisaさんが最近ポチったものが気になります。

      1. nagisa より:

        ミルクプロテイン2ダース…

        1. tanamichi より:

          『ミルクプロテイン2ダース!?!?!』(イカ2貫の勢いで)

          1. nagisa より:

            『調子のっちゃって』

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『ぴーちゃん』

 

【6月5日 金曜日:晴れ】

 

 

今日はぴーちゃんの紹介をする。

 

 

ぴーちゃんは飼っているインコの事ではない。

同じチームの後輩ぴーちゃんの事である。

もちろんぴーちゃんはあだ名だ。

ちなみに、ちかこちゃんが飼っているインコの名前は「あんこ」。

社内では私しかぴーちゃんと呼んでいない。

 

 

ぴーちゃんは大体いつも焦っている。

更にプリンターから一番離れた席にいるので

ぴょこぴょこと動き回っている姿をよく見る。

それでなんとなくぴーちゃんと呼び出したのがきっかけだった。

 

 

 

 

ぴーちゃんは「テーマは自由でOK」という案件が得意だ。

こちらの想像を遙かに越えたアイディアを出してくる。

私は自由が苦手なのでぴーちゃんが羨ましい。

 

 

 

 

昨日ぴーちゃんのPC画面をちらりと覗いたらおったまげた。

思わず声をかけてしまった。

 

 

まだ進行中のものなのでここで紹介できないのが残念である。

社内の人は、ぴーちゃんのPC画面を覗き見して

運が良ければ見れるかもしれません。

社外の方は、ひょっとしたらいつか手元に届くかもしれません。

それまでお楽しみに。

 

 

 

 

 

※このブログはほぼフィクションです

 

 

 

7 thoughts on “なぎさの日記/『ぴーちゃん』” への1件のコメント

  1. ちかこ より:

    インコ!あんこやない、きなこや!
    ちなみにエアコンが壊れたので、急遽昨日の夜からきなこは実家に避難中である。

    1. nagisa より:

      口調がikumetal化しとる。

  2. ikumetal より:

    あかん!わしが、ひとり歩きしとる!
    (わしは、いま右肩痛でブログが更新できんのや)

    1. nagisa より:

      あなたはikumetalさんのなりすましですか?
      今本物のikumetalさんが社内にいないのを、私は知っている!

  3. ikumetal より:

    どうして、わかったのでしょうか。わしは、ちかこや!

    1. nagisa より:

      お見通しや!
      わしがikumetalや!

      1. ちかこ より:

        ちかこは、わしや!(本物)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『改行が戻った』

 

 

【6月4日 木曜日:晴れ】

 

先日、全体会議でコピー機の出力の値段について話があった。

 

 

モノクロなら1枚2円

カラーなら1枚10円

 

 

要するに、出力にはこれだけお金がかかっているので

少し意識してくださいという話なのだが

私は今日カラーで出力ミスを10枚してしまった。

 

 

 

 

昨日言われたばかりなのに…

と自分に呆れた。

しかもすごい事に気づいてしまった。

 

 

 

 

カラーコピー10枚分のミス=オフィスグリコのポテチ1個分

 

 

 

 

なんという事でしょう。(突然の劇的ビフォーアフター)

そう考えた途端、

私の席の後ろにある出力の束がポテチの山に見えてきた。

ここにも気を引き締めねばならぬ事があった。

 

 

そいえば今日ちかこちゃんが

オフィスグリコのラストポテチを手に入れていた。

ちかこちゃんはラスト1個のポテチを

申し訳なさそうにしながら、

しかしちゃっかりと毎回手に入れるのである。

 

 

 

 

早くオフィスグリコのお姉さん来ないかなぁ。

 

 

 

 

 

と綾小路さんがぼそっとつぶやいていたのが耳に入った。

今日もシンクスは平和である。

 

 

 

 

おしまい

※このブログはほぼフィクションです

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2020年、夏

本当に未来は分からないものだ

甲子園のない夏が、来てしまう。

 

 

 

TCC年鑑をめくっていると、ハッとする広告を目にしました。

甲子園第100回目を記念して、朝日新聞社が2018年に掲載した広告です。

掲載元

各年の優勝旗が並ぶビジュアルの中、太平洋戦争の影響で1941-1945年の間が空白になっており、
「甲子園のない夏なんて、二度と来てほしくない。」というコピーには、“平和”を願う強い思いが込められているのが分かります。

 

まさか2年後に、予想もしない理由で「甲子園のない夏」が来てしまうなんて。

 

広告は時代を映す、なんて言うけれど、
今年の広告は何を訴えるのだろう、何を訴えればいいのだろう。

 

今回のことで、甲子園を目標に頑張っていた高校球児、飲食店を営んでいる人、卒業式ができなかった子どもたち、子どもたちをちゃんと見送れなかったと悔やむ先生、昼夜逆転で働いている人、配達員、夏に向けて準備する花火職人、医療現場で働く人……ほかにもたくさん。

普段直接関わることはないけれど、この世界にはいろんな人がいて、いろんな人のおかげで社会が回っていて、そんな場所でわたしは生きているんだな、と。
当たり前のことだけど、普段意識はしていないこと。

そんな、いろいろな人の気持ちを想像するきっかけになりました。

 

総理大臣でも、権力者でもないわたしには、なにもできないけれど、

想像力だけは、持ち続けたいと思います。

 

 

 

もうすぐ2020年の、夏が来る。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『油断は禁物』

【6月2日 火曜日:晴れ】

ごきげんよう。
さっきまで短期集中で脳みそを使い疲れたので
息抜きにブログを書く。

息抜きにブログ書くってすごくない?
思ったことをそのまま文字にするのがすっきりするのだ。
なので、オチが無くても許して欲しい。

さてと。

テレワーク解除となり、
久々に面会したあやちゃんに聞かれた。

「なぎささん、今日ジム行くんですか?」

そしてその5分後、綾小路さんにも同じ質問をされた。
1日に、しかもたった5分の間に同じ質問をされるということは
他の人も気になっている事なのかもしれない。
時期も時期なので、この場を借りて回答する。

私はジムを解約した。

意を決してジムに通い始め
おかげさまで順調に痩せていた最中ジムに行けなくなり、
まんまとテレワーク中に太り、
私はコロナを恨んだ。(そこ?)

しかしだ。
テレワーク中に開始したYoutubeエクササイズを始めて
そろそろ1ヶ月半が経つ。

そして昨日。
いきなり体重が目標の壁を越えたのだ。

私は自力でコロナに勝ったのだ。(そこ?)
もう私にジムは必要ない。

ただし、油断は禁物だ。
私の体重グラフの変動は
まさにコロナの感染者数グラフとリンクしている。
気を抜いたら第二派(体重増加)が必ずやってくる。
今なら誰もが、私のこの気を抜けない緊張感に共感してくれるだろう。

という訳で引き続き
気を引き締めて色々な第二派に備えるとしよう。

p.sさゆりんへ
また改行機能がばぐっているようです。

※このブログはほぼフィクションです

 

 

 

5 thoughts on “なぎさの日記/『油断は禁物』” への1件のコメント

  1. さゆりん より:

    改行不調ウイルスもなかなかしぶといですね。。宮兄さんに相談してみます。

  2. さゆりん より:

    あっ戻ったんですね。なぎささんのブログ更新スピードについていけてないコメントしてました!

    1. nagisa より:

      遡って読んでくれている事が分かり嬉しく思います。

  3. さゆりん より:

    眉毛クイズに全問正解するほどのファンなので…
    ※このコメントはほぼフィクションです

    1. nagisa より:

      そこはフィクションにしないのが大人の対応というものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

新しい服を買わなくちゃ。

テレワークが明けて、
これまでとは違う、超新鮮な気持ちな6月。

4月中旬から最近までテレワークだったことと、
おうち時間を満喫しまくり
食料品を買いにいく以外に外出することが少なかったワタシ。

おうち時間中は、掃除をしたり、新しい服が欲しくて着てない服を断捨離したりと、
それはそれは有意義に毎日を過ごしました。

ずっと欲しかった服もネットを利用して購入☆
特に出かけることもないから出勤できるようになったら着ようとワクワク。

新しい服ってだけで気分が良くなりますよね☆

(ちなみに購入したのは、長袖トップス数点)

だがしかし!!

外が暑い。
暑すぎる。

車のエアコンは、すでに「LO」。

電車のエアコンだって冷房になっている。

おにゅうの服、、、
とりあえず今シーズンあと5回は着たい。(暑がりなので、気温との勝負)

気をとりなおして。
夏に大活躍しそうなお気に入りの洋服を探す旅に出ます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ