スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

ぽう!

 

久しぶりのブログ更新です。

 

最近のマイブームは散歩です。

3駅分歩いて帰っています。

 

夜風が気持ちよく、運動不足解消にもなり、

お気に入りのお店も見つけたので

良いこと尽くしです。

 

 

 

 

さてそんな中(突然)、先日「カメラを止めるな!」を観てきました!

世のブームに割と便乗します。

 

 

話題真っ盛りの頃は名古屋で上映してるところが1カ所しかなく、

気づいた頃には丁度終わるタイミングだったので

映画館で観るのは諦めてましたが、

最近ミッドランドや109シネマでも上映が始まったのです。

 

 

 

 

で、感想ですが

とにかく観て欲しい。

 

 

です。

何を言うにもネタバレに繋がってしまうし、

とにかく観て欲しいのです。

 

 

 

 

一応ゾンビ映画なので

グロNGの方は厳しいシーンがあるかもしれませんが

薄目で乗り越えれると思います。

 

ちなみに、私はホラー系が大の苦手ですが

グロいのは大丈夫でした。

 

 

 

 

あと、私的に印象的だったのがエンドロールです。

制作現場の裏側の映像が流れるのですが、

みなさん真剣に、笑顔で、でも確かに熱い雰囲気が伝わってきて

忘れていた何かを思い出しました…

 

あと、「ぽう!」。

観た方は分かるはず!

 

 

 

 

 

みなさんも是非!!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ふつうのマイブーム

英語がマイブームのため
今回のブログは2カ国語でお送りいたします。

I awoke learn english.
Trigger is a videogame UNDERTALE but that’s texts is so difficult.

So I study how to a books is
Big Fat Cat series.

why I can studied continue?
that cat is soooooo cute.
CAT looks like eyes glare and poker face everytime.(infrequently grinning)
there is cawaii point.

then It’s as the name suggests very fat.
legs is short and hip is round like a ball.

CAT living pastry shop with human Ed.
Ed’s a pastry proud of blueberry pie.
Ed troubled to CAT However he love CAT.
I will see more they.

つかれた!!!

英文読んでると長っ!てなるのに
いざ自分で書いてみると全然文字数が増えていかないの不思議ですね。

やっぱり読みたいものがあると覚えも早いです。
勉強しなきゃ!っていう感じだと全然だめでした。
学生時代2大コンプレックスの一角を制したぞ
(もう一個は数学)

マイブームの入れ替わりが早い私ですが
少しでも身に付いててほしいなあ〜

ビッグファットキャットシリー ズ、ベストセラーなだけあってとてもわかりやすく
めちゃカワイイのでおすすめです。グッズほしい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

イカ焼き事件

今年の夏は5週連続で花火を見に行った小林です。

しかし、今年はどこの花火よりもイカ焼き事件(勝手に名付けた)が私の中で衝撃でした。

イカ焼き事件が起きたのは、おいでん花火を見に行った時のこと。

ものすっごくイカ焼きのいい匂いがしたので、その匂いにつられて列に並びました。

店のPOPには100g 500円〜 と書いてありました。まぁ他の屋台の食べ物も食べたいし100gでいっかと思い

長蛇の列に並びました。しかし結果から言うと

イカ焼き1パック1800円しました!(高すぎる〜!!!!!!!!)

どっからどう見ても100g 500円〜と書いてあったのになぜか1人イカ1匹単位からしか買えないという!

そういう大事な情報は太字で大きく書いてくれ〜!

 

と、密かにPOPに怒った夏でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

たまにはいいかも。

お盆休みに地元へ帰省して、

防波堤で花火をしたときのことです。

 

私の地元は、超がつく田舎です。

防波堤までの田んぼ道に、街灯はありません。

暗闇とかいうレベルではなく漆黒です。

 

防波堤に到着し花火をひろげました。

もちろん、防波堤も真っ暗なわけで。

花火を楽しむために来たはずが

「早く火もらって!消える!」

「待って!こっち向けないで!」

火が消えると漆黒になるのでみんな必死でした。

 

必死の花火に疲れて何気なく上を見ると、

流星群天の川が見えました。

辺りが漆黒なので、肉眼でもはっきりと。

もちろん視界をさえぎる建物なんて無いので、

見渡す限りの星空は、なかかなの迫力。

 

田舎も、たまにはいいかも。

なんて感じたお盆休みでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

シュレディンガーの蝉

先日、玄関扉を開けたらすぐ足元で蝉が事切れていました。
夏の風物詩のひとつ、油断ならない地面の蝉。もう死んでいるのかな?と思って近づくと、狙い澄ましたかのように(だいたいこっちに向かって)渾身の力で羽ばたいてくる。爆竹かよ。世間ではこれを「セミファイナル」と呼ぶそうです。巧い。

そんなセミファイナルの見分け方が、蝉の脚にあるそうで。
何でも、脚が開いていればliving、きゅっと閉じていればdeadだそうです。昨年の夏の終わりくらいに知りました。

敵を知っていれば怖くない。今年の夏は不用意に蝉爆弾を喰らうこともないだろう!
と、苦手を一つ克服したつもりで意気揚々としていてからの冒頭。玄関先の行き倒れの蝉との遭遇です。さあどっちだと判別しようとして気付きました。
怖くて、脚が判別できる距離まで近づけない。というか、脚見るために近づいたらlivingだった場合避けられない(気がする)。そもそも虫が気持ち悪いから間近で見たくない。
この瞬間、蝉が生きているのか死んでいるのか、はたまた生と死が混在しているのか、脳の信号が混乱を極めたので、考えることは一切放棄して迅速に出来る限り距離をとって駆け抜けることで事なきを得ました。戦わずして勝つ、戦略的撤退、そういうことです。

夜、帰宅したら玄関先の行き倒れは忽然と消えていましたが、自力で飛び立っていったのか、カラスか野良猫の胃袋に入ったのかは分からずじまいです。

教訓:知識だけあっても実践で全く使えないことがある

あたまでっかちにならないよう、何事も必ず行動を伴いたいですね(いい話風に締める)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

9/6 採用ツールづくりセミナー開催!

2020採用活動に向けて、採用ツールの準備は進んでいますか?


ますますの早期化・多様化が進む採用戦線において、


学生の心を掴む採用ツールは強力なアシスト役になるはずです。
この夏の準備行動が’20採用戦略の成否を決定づける!
と言っても過言ではありません。


そこで、採用広報活動を成功させる採用ツールづくりセミナーを
採用ツールづくりの実績とノウハウのある、
アイムアンドカンパニー株式会社様と共催で開催します。

学生の心を掴む採用ツール制作のポイントや成功事例を大公開!
ぜひこの機会にご参加ください。
お申込、詳細は下記アドレスからどうぞ!

↓↓↓

https://www.print-solution.com/seminar/contact/nagoya-saiyou.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

つうこんの いちげき!

夏なので、ひやっとするようなちょっと痛い話をひとつ。
痛い話が苦手な方はそっ閉じしてくださいね。

先週、娘を園にお迎えに行った時のお話です。
今の時期は熱中症対策で毎日水筒を持って行くんですが。娘はいつも帰りになってもけっこうお茶が残っていて重たい状態なんですね。ステンレス製なのでさらに重い。すなわち私が持つはめになるのですが、自分の鞄と、娘の鞄と、謎の工作や折り紙で作られた諸々だの上履き袋だの…けっこう大荷物になるんですよ週末は。更に七夕飾りまでありましたね。

それを片手に全て持ち(片手で娘と手をつなぐので)さあ歩こうと思ったところ、
水筒がするっと腕をぬけ…

落下!!!
わたしの足の親指の上にクリティカルヒット!!!

!!!!!????☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆%%%$$$&&&&!!!!!!!!

 

脳と声がバグるくらいの衝撃波が走り、痛みとしびれで5分くらい全く動く事が出来なくて、気づいたら大量の園児や先生、ご父兄などに取り囲まれてひたすら立ち尽くすという謎の空間を造り上げてしまいました。

恥ずかしいし、動けないし、子どもたちは容赦なく質問攻めだし
(ねーね!なんでずっとたってるのお?どのぷりきゅあがすきー?「動けないからだよ、強いて言えばキュアマシェリかな…」等朦朧とした精神の中なんとか答弁しました)
娘はといえば、もう!早く帰りたいのに!とムカつかれる始末。先生がぽつりと「…ひどいなあ…」と言ったのを覚えています。

うん。ひどい。我が娘ながら立派なひどさだ。しかし、このレベルの痛みの経験がある人間でないと、想像も同情も出来ないのだなあとやっぱり朦朧とした精神の中ですが、大きな気付きを得る事が出来ました。

そして痛みを知ってより優しくなったはずの私ですが、足を引きずる様にしてなんとか帰宅し、娘に恨みがましく「今後は水筒を自分で持ってほしい」と伝え更にムカつかれました。強く生きようと思いました。

紫色で塗ってあった足親指のネイルがちょっとはがれた所をおそるおそる見ると、きれいな水色でした。ネイルがはがれても色が残ってるみたいだなあとぼんやりと思いました。たぶん今日あたり、元のネイルと同じ様な色になってるんじゃないかなと思っています。こわくてリムーバーが使えません。あと、水筒(ドラえもんのやつ)を見るたびに怖くなります。痛み止めを服用中です。皆さんも水筒の落下に気をつけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

..23456..4080..

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

検索