スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

はじめまして/入社して感じたこと

はじめまして。今年度から入社した者です。入社から3ヶ月経ち、社員の方々にあたたかく見守られながら過ごしています。

初ブログということで、Thinksについて感じたことを書きたいと思います。

それは、「人柄がやわらかい」ということです。

社内では毎日さまざまな集まりが行われていますが、そこにかたい雰囲気はないです。いつもジョークが飛び交い、盛り上がっています。漏れ聞こえてくるお話にマスク下で笑ったり、帰宅してからお話を思い出して笑ったりもします。私は未だ仕事に対して緊張していますが、いつも先輩や上司の方々がジョークを言うなどして緊張をやわらかく解いてくれます。

また、アイデア出しの時に、私が「つまらないかもしれない…」と思うような案を出しても、「これはこれでアリ」「アイデアはどんどん出していいんだよ」と柔軟に受け入れてくれます。そのおかげで、私はのびのびと仕事ができています。

なぜこんなに人柄がやわらかいのか、それはThinksのみなさんの根底に「仕事を楽しもう」という想いがあるからではないかなと考えています。

私もThinksの一員として、多くのことを学びながら仕事を楽しんでいきたいです。
これからよろしくお願いします。

読んでくださりありがとうございました。

2 thoughts on “はじめまして/入社して感じたこと” への1件のコメント

  1. ikumetal より:

    初ブログ、おめでとうございます!
    がんばりましょう、新人同士で。

    1. milly より:

      ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

気になる、テレビ局の。

久しぶりの、ブログである。

 

そして、久しぶりの、テレビネタである。

 

 

4月の春ドラマは、3か月クールで最終回を迎えたのだが、

 

もう今年も折り返しになるタイミングで、

遅めの紹介になってしまった(悔)。

 

 

で、このたび気になったのは、この地域ではテレビ愛知、

 

テレビ東京系列での視聴になるのだが、

 

金曜日の深夜にやっていたドラマ

『生きるとか  死ぬとか  父親とか』が個人的におもしろかった。

 

 

作詞家であり、コラムニストで、ラジオパーソナリティーの
ジェーン・スーさんのエッセイ集を原作に、ドラマ化したもの。

 

スーさんを吉田 羊さん、父親を國村 隼さんが演じ、

父娘2人の “家族的関係” を、亡くなった母親との思い出を

交えながら、日常のもろもろに対して、

気づきや問いかけをしてくれる、

(いつもわしがやってしまう倍速視聴はもったいない)ドラマだった。

 

 

で、同じようにこの局で、もう1本、月曜日の夜に

『珈琲いかがでしょう』というドラマも

飽きることなく、視聴していた。

 

こちらもマンガが原作らしく、中村倫也さん演じる

1人のヤクザが足を洗ってまで、修行を重ねて移動珈琲屋さんになり、

街を転々としながら出会う人たちに、

おいしい珈琲を提供していくお話だった。

 

視聴率のあるなしに関わらず、“お、いいぢゃん”というドラマが

この局から放映されてくる。

 

 

この2番組は、もう終了してしまったけど、

 

月曜日の夜、新番組も始まった。もちろんこの局で。

これも、なかなかの、なかなかである。

 

 

注)掲載画像は、イメージのつもりです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ベランダにて

洗濯物がひらひらしているのを見るのが好きです。

のんびりした休日に洗濯物を眺めていたら、
服の色がグラデーションになって並んでいた。

好みの色って偏りますね。

ーーーーーーー

急に脳みそが仕事モードに切り替わった。

「おい、自分。デザインも好みのものばかり作ってないか?」

デザインも偏ってるかもしれませんね。

気をつけようと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

5月にいつも思い出す

学生時代のコピーライティングの授業で
『「もう」と「まだ」を使ってコピーを作りなさい』
といった内容のものがあった。

その時に誰が作ったものかは忘れてしまったけれど
忘れられない言葉がある。

「もう5月、まだ5月」

あっという間に一年は過ぎます。
社会人になったらそのスピードはますばかり。

新年早々に今年の目標を立てても、
仕事を理由にしたり、楽なことに逃げたりして
目標すら忘れていく。

「もう」と思って諦めるのか、

「まだ」と思って前に進むのか。

4 thoughts on “5月にいつも思い出す” への1件のコメント

  1. ikumetal より:

    もしかして、ブログの当番を毎月、全うしているのでは!?
    皆勤賞なのでは!
    それに気づく?わしは、ちょこっと洞察賞なのでは!

    1. nao より:

      洞察賞おめでとうございますっ!
      皆勤賞もらえないですかね〜

      1. ikumetal より:

        皆勤賞は、金一封ですかね?

        1. nao より:

          賛成!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

晴れのち曇り、ときどき雨

今朝、気象予報士さんが昨日の予報を外したと謝っていた。

そう、昨日天気予報を信じて自転車通勤したら帰りは雨だった。
「えぇ~雨降らないって言ってたのに、気象予報士さんよ…」と帰りに思った。

だがしかし、気象予報士さんが謝っている姿を見て申し訳ない気持ちになった。
予報とは「事前に推測して知らせること」だから外れることだってある。
予報が当たり過ぎると、はずれた時に「イラッ」としてしまうんですね。
ダメですね、気をつけたいです。

置き傘あったのでよし。
風邪引かなかったのでよし。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

10000日

昨日は私の生誕10000日目でした!パチパチパチ!

何年か前にTwitterで「27歳の途中で10000日目を迎える」というツイートを見て、過去の私が10000日目をスケジュールに入れていてくれたみたい。

生まれて10000日目がどうした!、と言われたらそれまでですが、とりあえず周りの人に自らアピールして「おめでとう」のカツアゲをしました。

 

まぁ、この世に生を受けて10000日ってことなんですが、

10000日間のうち、何日間寝ていたんだろう?とか、

何日間幸せを感じて、何日間悲しんだのだろう?とか、

母と過ごしたのは何日間だろう?とか、

あの人と出会って何日間だろう?とか。

こんな風に、日割りで人生を見ると、時間を無駄にできないなって、思ってくるから不思議です。

きっとあれですね。大きな目標を達成するためにも、そこにつながる小さな目標を立ててコツコツやるのが成功のカギ、ってやつと同じですね。

あと、あれですね。500円玉貯金を侮ることなかれ、ってことですね。

 

次はゾロ目の「11111日目」に、再びおめでとうをカツアゲしたいと思います。

以上、生まれて10001日目の人がお送りしました。

 

 

4 thoughts on “10000日” への1件のコメント

  1. さゆりん より:

    おめでとうございます!
    このブログを通して、おめでとうのカツアゲを企んでいると察しましたっ

    1. tanamichi より:

      ありがとうございます!
      またの「おめでとう」をお待ちしております!(カツアゲは続く…)

  2. nagisa より:

    tanamichiさんと出会って2592日目の人です。

    1. tanamichi より:

      2592/10000日、かけがえのない日々です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

またいつか

お気に入りのTV番組が終わってしまった。
さみしい。

番組MCの方がSNSでその想いを綴っていた。

ご本人もとても大事にされていたようで
残念でさみしいし悔しいと書いてあった。

きっといろいろな理由があるんでしょうね。
本人の力ではどうにかできるものじゃない。

でも、そんなに愛着を持つことができる
仕事に出会えたことはとっても素敵ですね。

同じキャスト&スタッフの番組がはじまるといいなぁ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

最近のコメント

アーカイブ