スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

ふふ、社会人。

お久しぶりです、こんにちは。

シンクスに入社して半年が過ぎました。
メガネとほくろがトレードマークの22歳は23歳になり、
ぼちぼち社会人に染まってきました。

 

今回は、そんな僕の社会人エピソードをお話ししたいと思います。

 

先日、夏も終わりが近づいてきたので、
秋服を買いに名古屋へショッピングに行きました。
いつも行くお店でふらふらと服を見ていると、
気になるものがちらほら。
そんな中、一着のシャツが僕の心を奪いました。

かっこいい。これが欲しい。いくらだ?

”25,000円”

25,000円!?シャツで25,000円!?

あまりに高くてびっくりしちゃいました。
けれど、僕は社会人です。
冷や汗をかきながら、余裕な顔して買いました。

社会人はこれくらい涼しい顔で買ってしまうのです。
やはり社会人たるもの、良いものを身につけていなければ。

ふふ、社会人だ。

 

話は変わりますが、

今回買ったシャツは、DAIWA PIER39のロガーシャツです。
DAIWA PIER39は、釣具で有名なDAIWA のアパレルコレクションで、
「大自然と都会」を「シームレスに繋ぐ架け橋」という考えをコンセプトに、フィッシングシーンでの経験の中で見出した発想が服に落とし込まれています。

ふふ、かっこいい。

モノの奥にある物語が僕をワクワクさせてくれます。
そのワクワクにお金を払っていると言っても過言じゃないです。

いつか値段を気にせずワクワクを買えるように
今日も、社会人をがんばります。

 

 

月初めに大散財で大金欠!
給料日は、まだまだ来ない。

ふふ、社会人してるな。

 

ではまた!

 

2 thoughts on “ふふ、社会人。” への1件のコメント

  1. ryo より:

    こだわりのシャツを余裕な顔で購入、すてきですね

    値段は88さんに及びませんが、
    わたしも先日、結構な高額商品を購入しました。

    社会人歴が長くても、ぜんぜん値段にドキドキです

    しかも 納品は 2ヵ月以上 先(海外から並行輸入でお取り寄せです)…

    しかも 初めてのお店(web)で 高額で、納品が遙か先、
    どきどきが止まりません

  2. ikumetal より:

    ええがね。
    ドキドキしながらワクワクを手に入れとる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

秋になると思うこと

名古屋に来てからはあまり意識していなかったのですが、

それでも風が涼しくなってくると思うことがあります。

 

「そろそろ稲刈りの時期だなぁ」

 

実家が田んぼを持っていたわけではありません。

実は小学校に通っていた時、小学校が持っている田んぼがあったんです。

幼稚園生〜小学生の時は、ずっと田んぼのそばで生活をし、

 

【田植え〜稲刈り〜脱穀〜食す】まで全部行っていました。(本当に大まかな流れです)

 

田んぼのお世話は主に小学5年生がしていました。(田植えと稲刈りのみ全校生徒参加)

小学校の頃の思い出、なぜこんなに鮮明に覚えているかと言いますと、

 

めちゃくちゃ「重労働」だったからですね。

 

全部手作業で行っていたため、

5,6月の暑い日に田んぼの中に入って一つ一つ手で苗を植え、(虫が苦手な子は大変そうだったな・・・。)

10月ごろに、鎌を手に持ち稲刈りしていました。(今思うと小4から鎌使っていたのすごいな・・・。)

想像しやすいのは、テレビで放送されていたDASH村の米作りみたいな感じですね。

稲刈りが終わったあとは、体育館と小学校を繋ぐ外の廊下に稲が並び、稲の香りに包まれて秋を過ごしていました。

あの時は当たり前だった、稲のサワサワ風に揺らぐ音や稲の香りとも無縁な生活になっているのは、なんだか不思議な気持ちがします。

 

今思えばとても貴重な思い出だったなと、ぼんやり思いながら、
今日も風(冷房)に当たっています。

2 thoughts on “秋になると思うこと” への1件のコメント

  1. ikumetal より:

    都会っ子のわしも、苗を植えたことがある。
    以前、所属していた会社の課外活動で、やらざるを得なかったので。
    今、思えば貴重な思い出だけど、ミミズさんやムシさんのことを思うと
    苦手なので冷や汗ものでした。

  2. ryo より:

    田植えから稲刈り、ご飯までの流れを学校で
    ってイイですね〜

    自然から学ぶ、季節を体感する、すてきな貴重な体験

    記憶に鮮明に残るのは、ちょっとムリめな出来事だったりしますが、
    時が経てばそれが大切な思い出になるんですね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

方言って素敵

東京に初めて一人で行った時、驚いたことは人々のきれいな言葉遣いでした。

山手線にて

マダムA「あそこの○○は△△なんですってね」

マダムB「まあ、そうなの?私はまだ行ったことがないわ」

マダムA「もう本当に素敵なところなんですって。一度は行ってみたいわねえ」

マダムA&B「うふふ」

 

…!

数年前に聞いたので会話の内容は曖昧ですが、綺麗で小説のような言葉遣いでした。

これは憶測ですが、山手言葉(やまのてことば)じゃないかと思いました。

東京の一部で使われている言葉らしく、明治時代に標準語を作る際に元となったものだそうです。

なので立派な東京の方言ということになります。

 

私は特定の方言を話すことが難しいです。

いろんな場所から人が移り住むベッドタウンで育ち、皆でお互いの共通語である標準語を話していました。

そのためどの地域の方言も新鮮に感じて好きです。

名古屋の学校に入学した時もわからない言葉が多かった。

 

入学式にて

先生「自分の下駄箱は使ったあとにちゃんと鍵をカウようにしてね」

私「鍵を買う?南京錠を買って、下駄箱に取り付けるってこと?」

~帰宅~

私「先生が“下駄箱の鍵を買うように”って言ってたよ。ホームセンターに売ってるかなぁ」

家族「それは鍵を閉めるという方言だよ」

 

このような勘違いがよくありましたが、名古屋弁が好きになりました。

名古屋では強調するときに「でら」と言うのは有名ですが、このときは「どら」をよく聞きました。

夏はよく「どrrrっら暑いがん」(とっっっても暑いね?)と同級生たちが言っているのを聞きました!

巻き舌というより、どぅっら、と言うのがポイント。

 

愛知県のお隣3県の方言も好きです。

岐阜の「~やお」、三重の「~やん」、静岡の「~ら」など、語尾がとてもかわいいと思います。

シンクスで働くみなさんは、地元に帰ったとき、心のなかでつぶやくとき、どこの地域の言葉を話すのでしょうか?

 

いろんな人が集まる東京にも東京だけの言葉があるように、地域ごとに受け継がれてきた言葉がある。

誰かがもし、どこかの方言のネイティブスピーカーであるなら、成長や移住によって薄れても、勝手ですが頭の中に残してくれたらいいなと考えてます。

私はうらやましいです。素敵な個性ですから!

*読んでくださりありがとうございました*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

世界猫の日とねこねこ

こんにちは、ブログ当番の日が一桁に来ることが多いと分析しつつ

どんなことを書こうかな?と悩んでいます。

そんな8月8日の今日はラッキーなことに「世界猫の日」だそうです。

動物ではハムスターが一番好きなのですが、

同列といっても過言ではない程に好きなのがにゃんこです!かわいい!

ですがアレルギーを持っているため、極力触れない・出会わない生活をしています。かなしい!

 

そんなかなしい人間の自分でもにゃんこを存分に楽しむことができる最高なものがあります。

それが“猫モチーフのたべもの”!

なぜ食べ物かというと、「かわいすぎてかみつきたくなってしまう」という

“キュートアグレッション”という攻撃衝動をおさえるためです。

かみつきたくなるというか、口に含みたくなる、という感じです。

これを最近までは友人に話したりしても理解してもらえませんでした。かなしい生き物です。

ただの化け物だと思われていたかもしれない。つらい!

 

それを見事に解決してくれたのが、“京都ねこねこ食パン”でした。

デニッシュ生地で一枚300円程の商品ですが、はちゃめちゃにおいしいのです。

そのままでも充分おいしいのですが、トースターで焼くと

バターの芳醇な香りがさらに広がりとても幸せになれます。

1本売りもしており、こちらは特製の箱に入れてもらえるので手土産にもおすすめです。

もうすぐお盆休みに入りますが食欲が落ちていませんか?

近隣では某駅地下にて購入できます。是非お時間ある方はお試しください!

 

では皆様、暑い日が続きますがご自愛くださいね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

夏には夏の、冬には冬の、

 

なんだか、頻繁に書いているような気がするんですが、

当番制でブログを回している、らしいです。

 

(たまに、当番でなくても書き込む人がおる、らしいです)

 

毎日の通勤は、最寄りの駅まで約12分、1キロほど歩きます。

さすがに今週は、暑かった。

なので、日陰を求めつつ、蛇行で歩行することになるのだが。

 

ない!日陰となる場所が、あまりない。

ことに、気づく。

辺りは、地中化配線で電信柱なる、伸びる陰が見当たらない。

日向全開状態で、ある。☀ ☀ ☀

 

ぴえん。💧(最近、流行っているらしい)

 

町内のインフラに改めて気づかされ、

ひたすら日陰を追うアタマの隅では、

 

「あ、冬には、今と真逆のアクションになるんだな」の、

発想におよぶ。

 

季節の陽の傾きにもよるのだが、

3〜4か月後の凍える冬には、今週の陽射しの強さ、

暑さが恋しくなることだろう。

 

そんなことを考え、

体温を上昇  させながら、わたしは今朝も会社へ向かう

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

アドバンス

みなさま、こんにちは

 

なんだか、頻繁に書いているような気がするのですが

当番制で、くじ引きで決まるそうなのです。

 

 

今日も暑いので、涼しくなる夏のあそびを2つ。

 

一つはダイビング! 海へダイブする方です。

 

海水浴は、水面より上とか砂浜などはとっても暑いのですが

 

海の中は紫外線とどかないし、全方位つめたい水なので

とっても気持ちよいです。

 

 

ダイビングは からだの力を抜いて、呼吸もゆっくり

ふんわり水中に浮く(=無重力状態)が基本で

スポーツっぽいイメージですが、運動神経や筋力などは使いません。

 

 

水泳のように腕や足をぐいぐい動かして泳ぐことも少なく、

まわりのきれいな魚を見ながら

冷たい水の中をゆったり移動する、リラックスできる遊びです。

 

 

わたしはコロナ前まで、ほぼ毎年沖縄離島でダイビングをたのしんでいました。

 

特に宮古島がお気に入り。

水も魚もきれいで、美しい光が差し込む青い洞窟がいろいろある

ダイバーに人気の島です。

 

ウミガメやマンタなど、憧れの生き物たちにも会えます。

(そしてマンゴーも美味しい ← 重要)

※写真はイメージです。こんな写真 私には撮れません〜

 

 

 

もう一つの涼しいあそび ラフティング。

 

ゴムボートをこいで、岩を避けながら、渓流を下っていきます。

 

こちらは、ちょっと力も必要ですが、

(そこは男性陣にカッコよく活躍していただき)

 

山の奥は涼しく、川の水はとても冷たく、

うゎ〜と声を出すスリルと水を浴びる爽快感が 気持ちいい〜です。

 

 

メンバーたくさんでやると楽しいので

コロナ落ち着いたら、希望者募って企画したいです。

 

※写真はイメージですよ〜

 

夏ならではの 楽しいあそびを

ぜひ !

 

 

アドバンス への1件のコメント

  1. ikumetal より:

    すっげ〜〜。きれいな画像!わしも、宮古島、仕事で行ったことがあります!コロナ、なんとかなれー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ありゃ懐かしい、の、

先週、引き出しの中を整理していたら、

あら、懐かしいチケットが出てきて。

 

LIVEも、野球観戦も、

どちらも、それ以来、出かけていない。

 

コロナのこともあって、積極的になれないのも確か。

特に、わしなどは、テレビモニターがあれば、

それで事足りる的なライフスタイルなので、

 

まあ、それは、それで。

 

懐かしさにかまけての、ノスタルジックブログに

なってしまいました、とさ。

 

 

あ、これもあったぞ。

令和4年5月6日の連番!

おあとががよろしいようで。

 

あ、ついでに、これも!

ありゃ懐かしい、の、 への1件のコメント

  1. ryo より:

    ついでの
    「なんとかなれー」がとてもイイです!

    LINEスタンプにして、販売したらどうでしょう〜

    その際は、「なんとかなったー」もぜひ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

最近のコメント

アーカイブ