スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

ピーチティー事件

事件つながりで、私の身に起きた「ピーチティー事件」についても、語らせていただこうと思う。

 

 

私が高校生だった頃のことだ。

 

高校には紙パック飲料の自販機があって、そこでリプトンを買って、ちゅーちゅーするのが嗜みだった。

中でも好きだったのが、ピーチティー。

 

家でジュースを飲む習慣が無かったことと、

中学から高校にあがって「学校でジュース飲んでもいいんだ!」のワクワク感とが相まって

500㎖の紙パックリプトン=青春の味 の等式が私の中で確立されたのであった。

 

 

ある日、大好きなピーチティーを飲みながら友達とおしゃべりしていた昼休み。

同じクラスのYちゃんが「喉かわいた〜」と近寄って来た。

ちなみに補足しておくと、私とYちゃんの関係は「ただのクラスメイト」。出席番号が近くて少し話したりはするけれど、用事がなければ関わりはない、って感じのもの。

 

すると、「いいもの飲んでんじゃん!ちょーだい!」と言って、私のピーチティーを奪い、そして飲み始めたのだ。

 

 

私は、頭の中に「?」を浮かべて一時停止。

 

 

(え、すごい距離詰めてくる……。)と冷静に判断したところで時すでに遅し。

「ありがと〜」と去っていくYちゃん。

 

そして私は驚愕する。

 

 

 

「めっちゃ飲んでるやないかいっ!」

 

 

 

 

極端に軽くなった紙パックを持って、私はとてつもない喪失感に襲われた。

(実際に、ピーチティー喪失してますからね!)

 

 

「え、信じられない……」と嘆く私。

友達になぐさめてもらっているうちに、悲しみが怒りへと変化し、この人間不信になりそうな出来事に「ピーチティー事件」と名付けたのだった。

 

 

そして、今も高校の友達と会うと「ピーチティー事件あったね〜!」なんて話題の一つにあがったりするのだが、私はある大きなミスをおかした。

 

それは、Yちゃんのことも「ピーチティー女」と名付けてしまったことだ。

 

 

Yちゃんという人物に、私の大好きな「ピーチティー」の称号を与えてしまった。

しかも、自らの手で。なんと皮肉なことだろうか。

 

 

これが、「ピーチティー事件」の真相である。

 

 

 

 

 

今日、久しぶりにコンビニでリプトンのピーチティーを買ってみた。

甘くておいしい。青春の味がした。

 

 

私はピーチティーを飲むたびにYちゃんのことを思い出してしまうし、

何度だって青春時代を思い返すことができる。

 

 

 

青春って、甘酸っぱいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『コメダの未解決事件簿』

 

 

 

【3月18日 水曜日:くもり】

 

 

みなさんはコメダのミックスジュース事件をご存知だろうか。

それは確か5、6年前に起こり

事件の真相は未だ明らかにされていない。

 

 

最近のシンクスは

ありがたいことに東京のお客様が凄まじい勢いで増えていて

ひょっとしたら万が一

いや、億が一このブログを読んでいるかもしれないので

コメダについて軽く説明しよう。

 

 

コメダは名古屋発祥の喫茶店である。

名古屋にはご存知の通り喫茶店文化がある。

名古屋人にとってコメダは

第二のホームと言っても過言ではない。

 

 

もちろん私もコメダを愛用する1人である。

スタバも好きだけど、落ち着くのはやっぱりコメダ。

コメダなら雑誌も置いてあるし、椅子がふかふかだ。

 

 

わたしは物心ついた時からずっと

いつも決まったものを注文していた。

それがミックスジュース。

たまにメロンソーダに浮気するけど

なんだかんだミックスジュースに戻ってくる。

 

 

ある日、家族でコメダに行った。

私の家族は全員ミックスジュースを注文するので

居酒屋で席についた瞬間

 

 

「とりあえず生13個で!」

 

 

と言う要領で

席についた瞬間

 

 

「とりあえずミックスジュース5個で!」となる。

 

 

 

 

ひと口飲んで、私は自分の舌を疑った。

 

 

「!?」

 

 

落ち着いて、しっかりと確かめるようにもうひと口飲む。

 

 

何かがいつもと違う。

その違いはすぐに分かった。

これはミックスオレだ。

 

 

何が違うの?と思われたかもしれないので説明しよう。

今までのミックスジュースは

バナナやオレンジなど、生のフルーツと牛乳を

ミキサーにかけたものだった。

 

 

フルーツオレは、牛乳にフルーツの香料がついたものである。

よく紙パックで売られているアレだ。

コメダのミックスジュースの原材料は謎だけど

舌触りから察するにミキサーでは混ぜていない。

 

 

美味しくない訳ではないけど

わたしは前のミックスジュースの方が好きだった。

20年分の信頼を裏切られたような気持ちになった。

 

 

この大事件を

当時隣の席だったあやちゃんに興奮気味に報告した。

ちなみに、あやちゃんは私の次にシンクス歴が長い。

 

 

 

な「〜〜で、味が変わっててさ、

  これ、絶対コメダは大量のファンを失うよ!」

あ「そもそもコメダでミックスジュース頼む人そんないますかね?」

な「…え?」

 

 

 

確かに、友達は大体カフェオレかも。

ググってもこの事件で騒いでる人はいないようだった。

わたしはそこで初めて

自分が20何年か信じていた事が普通じゃない事に気付いた。

思い込みは時に危険である。

 

 

この事件を境に

わたしはバナナジュースを頼むようになった。

こっそり厨房をチェックしてミキサーで作ってるのを確認した。

なかなかおいしい。

ミックスジュース事件がなかったら

この美味しさを知らなかったのかと思うと、逆に感謝だ。

 

 

 

昨日一昨日出張で東京に行っていたけど

宿泊先のホテルの朝食はコメダのモーニングだった。

ミックスジュース事件で一度は心が傷ついたけど

一人寂しい東京でホームのような安心感を

提供してくれるコメダに私はホッとしたのであった。

ありがとうコメダ。

 

 

 

 

おしまい

※このブログはほぼフィクションです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

言葉の、跳躍力。

そう、記憶によれば、元号が平成になった頃。

どうしても、この単語を正しく、コピー本文で使ってみようと、

気が立っていた頃の、お話である。

 

 

「結局、いろんな意見で掻き回されていくから、
 済し崩しになっていくんだよね」(以下
、文例と表記)

 

 

おいおい、「済し崩し」の意味、わかってんのかよ。

 

 

“お父ちゃん!パチンコやギャンブルでお金使い切っちゃうから、
  借金、膨れ上がったじゃないの!
  結婚する前は、ギャンブルに興味なんかないって、言ってたのに!”

 

(よく、ある話である)

 

つまり〜♡、済し崩しとは、借金を少しずつ返済して、

負担や負荷を減らしていくという、良い意味に使われる言葉なのだ。

 

 

でも、平成になった頃から、(以下、文例)のような

使われ方が徐々に、感染…… (あ、間違えた!)

繁殖していくのであった。

 

いい方面の言葉なのに、わるい方面の言葉になっている。

 

 

そんな当時を思い出させたきっかけ、
それは、某クルマメーカーの CMであった。

 

 

男友達:クルマなんて、どれでも同じじゃん

女の子:なぁーんて言うのよ、パパ

女の子とパパ:嘆かわしい〜〜〜(明るく笑)

 

 

おおおx^^^〜〜、 わしにとっては感動ものの CMである!

 

 

「嘆かわしい」というネガティブな言葉を、

これほどに、嫌みもなく、爽やかに

陽のあたる坂道に導き出すとは。

 

 

映像があって、音声があって、

なにより、山田杏奈ちゃんの、表現力の成せるワザである。

 

 

(浜辺 美波 キミスイ以来の衝撃である(わし調べ)
 あ、本題にまるっきり関係ないが……)

 

 

そうなのだ。使われる言葉は、

時代や社会の追い風とか、人波に揉まれながら、

ときには向かい風に作用されて、

意味もニュアンスも変化していく。

 

 

昨日の善人、今日の悪役に、転化する、

そう、言葉は生きものとさえも言える。

 

 

今となって、「済し崩し」は、本来の意味に加えて、

ちょっとネガティブな使い方も、世間的に、新聞記事的にも

容認されることとなった。

 

 

まさに言葉は、跳躍する。

 

 

さながら時代の空気を読みとるかのように。

 

注)画像はイメージです。

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『今日主張したい唯一の事実』

 

 

【3月13日 華の金曜日:晴れ】

 

 

今日で日記を付け始めて5日目になる。

いつもは大半がフィクションだけど

今日はノンフィクションでちゃんと伝えたい事がある。

 

 

 

 

私は三日坊主ではない。

と言いきるにはまだ早いけど、

三日坊主と言われかねない三日の壁は無事越えた。

 

 

これ以降、仮に更新頻度が減ったとしても

誰も私の三日坊主を責める権利はない。

なんなら更新頻度も含めて

キャラ設定を徹底してると思ってもらいたい。

ちなみに、基本的に私はめんどくさがりである。

 

 

 

 

 

今日は華金なので

最近はまっている梅沢敏夫がCMをやっている

例のレモンサワーを買って帰ろっと。

意外と(?)ちゃんとおいしくてオススメです。

 

 

 

 

 

おしまい

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『私がヒャダインになる日まで』

 

 

【3月12日 木曜日:晴れ】

 

kobaさんがこの間のブログで

「スマホを落としただけなのに(以下略)」を観に行ったと

書いていたけど、実は私も同じ日にその映画を観ていた。

 

 

入れ違いで出て行くkobaさんを見かけたけど声をかけなかった。

私は私で目撃されたくない人と一緒に観に行っていたのだ。

 

 

kobaさんがこちらの映画に触れていなかったので

その代わりに私が触れようと思う。

と言っても、話したいのは主演の千葉雄大について。

私は隠れ千葉ファンなのである。

 

 

世間的なイメージは「かわいいイケメン男子」と言ったところだろう。

しかし、私が惹かれた彼の魅力はそこではない。

ある深夜番組でその魅力はこっそりと発揮されている。

 

 

その番組で千葉雄大とヒャダインの

「千葉ヒャダこじらせ男子旅」という企画がある。

その魅力をここで語るには長くなるので、

気になった人はググって欲しい。

 

 

その旅での千葉雄大ははっちゃけた愉快な人だった。

それはパリピ的な意味じゃない。むしろ彼はそっちの人種を

心のどこかであざ笑っている人だと思われる。そこにも好感を持てる。

そして、その魅力を引き出しているのは間違いなくヒャダインなのだ。

 

 

相手が変わるだけで、人はこうも印象が変わるものかと

ヒャダインを尊敬した。

 

 

私は後輩ちかこちゃんにとって、

千葉雄大にとってのヒャダインのような存在になりたいと思った。

 

 

この間、ちかこちゃんはしっかり者と紹介した。

ちかこちゃんと少しでも仲良くなりたくて、

コアラ情報をネタに楽しい会話をするよう日々心がけている。

 

 

ちかこちゃんは極稀に地元の岐阜弁がでる。

それは大抵驚いた時で「なんやそれ!」とか言う。

多分ちかこちゃんの本性はこっちだ。

しっかり者と見せかけて、実はひょうきん者かもしれない。

 

 

ちかこちゃんから岐阜弁が出ると、

私は心の中でガッツポーズをする。

 

 

それを狙って今日もコアラ情報を聞き出すのであった。

 

 

 

 

おしまい

※このブログはほぼフィクションです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

富士山消しゴム

最近コートを着ていたら、アッツ〜!となった私です。

もう春ですね〜。(眠)

 

最近、久しぶりにLOFTに行って、こんなものを見つけました。↓

富士山消しゴムです!

この消しゴムは内側が白くなっていて、使って行くと白が出てきて富士山みたいになるんだそうです!

↑こんなふうに!

 

発想がおもしろいですね!

パッケージのデザインのタイポや、所々の箔押しもカワイイ〜!

 

今のところ、全然富士山になる気配はありませんが。。

がんばって富士を育てようと思います。

 

他にもLOFTには、「へ〜!」となるようなグッズがたくさんあったので、

ぜひ見てみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

なぎさの日記/『ポテチラバーズ』

 

 

【3月10日 火曜日:雨】

 

 

 

シンクスにはオフィスグリコがある。

その中でも一番人気なのがポテチだ。(※私調べ)

もちろん私もポテチ好きの1人。

 

 

オフィスグリコのシステムにはとても助けられている。

 

 

なぜなら、補充に来てくれる人が

お菓子の減り具合から好みを考察して

補充してくれるのだ。

ちなみに、何故か美人のお姉さんが多い。

 

 

ある日を境に、オフィスグリコのお姉さんは

ポテチボックスを別で作ってくれた。

 

 

 

 

これだけ顕著だと少し恥ずかしくなるけれど

「食べてもまだある」

という安心感には替えられない。

 

 

 

しかしだ。

 

 

 

いかんせん減りが早い。

気を抜くと無くなっているのである。

 

 

私は自分以外にもポテチラバーがいるのを知っている。

 

 

それはあやちゃん(コピーライターの後輩)と

隣の席の後輩ちかこちゃんだ。

 

 

ちかこちゃんは私の直属の後輩デザイナーでしっかり者。

あと、コアラ好き。

ちかこちゃんの影響で私もコアラにはまり、日々癒やされている。

 

 

ちかこちゃんはカラムーチョを朝から食べるくらいなので

立派なポテチラバーだ。

ポテチに関しては私より先輩かもしれない。

 

 

私が把握しているのは自分以外にこの2人である。

でも、ポテチラバーはまだ他にもいるにちがいない。

 

 

 

 

幸運にも、ちかこちゃん・あやちゃん・私の席は

オフィスグリコに一番近い。

先週の水曜日、ランチで議題にあげてみた。

 

 

 

な「ポテチすぐ減るよね〜」

あ「わかります!私結構チェックするんですけど、減り早い!」

ち「確かにそうですね。みんな好きですよね〜」

な「私たちはよく食べるけど他にも絶対好きな人いると思うんだよね」

あ「誰だろう…これは調査ですね!」

 

 

 

そんなあやちゃんの一言から私たちの極秘調査が始まった。

 

 

ちなみに、あやちゃんは少しキャピキャピしていて

ちかこちゃんが落ち着いているので補足すると、

あやちゃんはちかこちゃんの先輩である。

 

 

 

 

調査を始めて4日目の今日、午後、そう、ついさっき。

私の背中側にあるオフィスグリコを、

Macの画面の上の黒い部分の反射でチェックしながら

仕事をしていたら、ついに目撃した。

 

 

 

 

 

 

 

その正体はなんと綾小路さんだった。

 

 

正直、盲点だった。

綾小路さんは柿ピーラバーだと思っていたのだ。

 

 

しかも綾小路さんは一度に2つ買っていた。

 

 

席に戻る綾小路さんを

向かいの席のあやちゃんに用事があるふりをして観察していると

2つ同時に開封した。

そして、うす塩味とコンソメ味を交互に食べ始めたのだった。

 

 

 

 

減りが早い謎が解決した。

少なくとも今、シンクスにはポテチラバーが4人いる。

そして、2つの味を交互に食べる綾小路さんこそが

シンクスで一番のポテチラバーだろう。

 

 

 

おしまい

※このブログはほぼフィクションです

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ