スタッフブログ

名古屋のデザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

モーニングを巡る旅【vol.1】

最近モーニング巡りを始めました。

 

 

名古屋の人なら馴染みもあるモーニングですが、だからこそ(?)

どこよりもお得なお店に行きたくなります。

そこで私的に満足度が高かったお店をチラッとご紹介します!

 

 

【  コーヒーショップ カコ 花車本店(coffee shop KAKO)

 

 

こちらは観光客にも人気の老舗喫茶店です。

店内の雰囲気もレトロで、特に女性は好きだと思います。

 

ここのお店の特徴はなんといっても、

トーストの上に乗っている手作りジャムです!しかも4種!!

お店で販売もされているようで、

HPに販売中のジャム情報が載っています。

 

季節によって変わるのですが、

私が行ったときは柿のジャムがのっていてとても美味しかったです。

 

この日は3人で訪れたのですが、それぞれコーヒーカップが違い、

まるで自分のイメージに合わせて

選んでもらえてるような特別感もあって嬉しくなります。

 

 

 

 

 

モーニングは

◎朝の時間を有意義に使えてる気分になる

◎お得感がある

◎新しいお店を見つける楽しみができる

と良いことづくしなのでこれからも気長に巡ろうと思います。

 

(どなたか千種区周辺でおすすめのお店があったら教えて下さいっ!)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

#オキシ漬け

最近のマイブーム

「#オキシ漬け」

酸素系漂白剤「オキシクリーン」で、
色々な物を漬け置き洗浄・漂白する事。

 

最近?SNSで話題らしい。

我が家も年末に向けて少しづつですが、
普段は掃除しない場所を掃除しています。(強制労働)

先日も換気扇を分解して「#オキシ漬け」をしました。

今まで苦労していた油汚れも、
簡単でキレイになった事に感動!!

しかし、金属(アルミ?)の一部は変色。。。
また、塗装が弱い個所も剥がれました。。。

何でもかんでも漬けこんでは、イケナイみたい。

 

 

http://www.oxiclean.com/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

寒さと猫と衣服の損傷の関係性について

寒くなりましたね。

寒さと比例して、うちの猫たちが甘えん坊になります。

要は、人間で暖をとろうという算段です。

しかし、人間の方も猫で暖がとれるため、この商談は成立です。

いつもお世話になっております

(寝ている猫の脚の間に手を差し込む等)

 

食事の前に必ず膝に乗り、

猫側が納得するまで撫でないと

クレームを受けるといった事案も頻発し、

あたたかいうちに食事がとれないこともしばしばです。

 

また、家事をしていると、ジャンプして脚に

しがみついて登ろうとしてきて危険です。

時々人間木登りが成功し、お鍋に突撃し、

猫がこげたことがあります(ドライヤーのにおいがしました)

 

つまり、わたしのセーター等が毛だらけだったり、

服のへんな所が穴があいてるのはそういった事情なのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

走れ、ジブン。

運動不足なので、公園を走ってみました。
全く運動していないのに10キロ。

結果

半分以上、歩いた。
おじいさんに、あっさり抜かれた。

翌日、ロボットみたいな歩き方になりました。
ひどい筋肉痛…でも、この痛み嫌いじゃないです。

みなさん、ご存知でしょうが
運動するなら、やっぱり徐々にがオススメです。

わずかな闘争心が芽生えたので、
今月中にもう一度チャレンジしてみようと思います。

おじいさんに勝ちたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

知らなかった…!

先日、画面がフリーズしたり、音が変だったりと

壊れそうだったスマホを機種変更に行きました。

 

その時に「知らなかった…!」ことが

嬉しかったことと、悲しかったこと、2つありました。

 

 

 

[ 嬉しかったこと ] 機種変更したら月々の支払いが安くなる!

 

機種変更すると、本体代の分だけ月々の支払いが高くなると思っていました。

しかし!お得なプランが新しくできていたり、古いスマホの買取があったりと諸々組み合わさって

結果的に元よりも2,000円くらい安くなりました。1人暮らしにはありがたい!

 

 

[悲しかったこと] バックアップの復元にパスワード設定がある…!!

 

バックアップをとっていたデータを新しいスマホに入れようとしたら、

『バックアップ復元のパスワードを入力してください』の文字が。

とりあえず、思いつくパスワードを色々入力してみますが…当たらない。

ちなみに、よくある『パスワードをお忘れですか?』は出てきません。

パスワードを忘れてしまったらもう復元できないそうです。

1時間くらい色々試しましたが全く当たらず、復元できませんでした…。

 

ちなみに私もそうだったのですが、

パスワードを設定した覚えがないのに設定されていて復元できない!

という方も、結構いらっしゃるようです。

 

 

普通はみなさんご存知なのでしょうか??

私と同じ知らなかった方、次から一緒に気をつけましょう!笑

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

11.30

昭和62年11月30日。

Thinks Designing Pro の会社設立日である。

 

その日が、今月の末にやってくるのである。

30周年なのである。

 

わしも、ひさしぶるのブログで、どぎまぎである。

 

 

“ひさしぶる” は、革新犯である。

 

 

“革新”犯も、確信してやっておる。

 

 

今日は、わしの肩慣らしのブログなので、
弊社が本年30周年を迎えるプレスリリースとして発信してみた。

 

 

発するだけでは、伝わらない。

 

伝わらなければ、ひとりよがり。

 

 

今月から来月、来年にかけて、
さらに Thinks 30th できごとが、加速していく。

 

関係者の皆さま、ご一緒に、この臨場感を楽しんでみませんか!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

元気の出るマンガの話

みなさんは漫画で好きなシーンはありますか?
大人でも普通に漫画を読む時代、元気がほしい時頭に浮かぶシーンがあるという方も、少なくないんじゃないでしょうか。

私はいろいろあるのですが、特に仕事で元気づけられた漫画のシーンは、1986年にサンデーに連載された「燃えるV(ブイ)」というテニス漫画のワンシーンです。

あらすじ(ウィキペディアより抜粋) 

両親と生き別れ、育ての親と死別し、喰って行く金も帰る家もなく、助っ人稼業でその日暮らしをする少年・狭間武偉(はざま・ぶい)、またの名をビクトリー狭間。
そんな彼がある日、テニスというスポーツに出会う。自分をテニスに開眼させた強面の男・赤十字とともに、狭間はテニス歴一週間にして県大会に出場することになる・・・

_____

日本テニス界に外国人留学生が攻め込んできて、日本人選手がボロ負けしておじけづいて皆逃げてしまい、残った(逃げ遅れた)わずかな選手が修行に向かうシーン。

 

「相手は5歳の頃から平気でテニスをやってるっていう外人だぞ!今さら・・・」

「確かに奴らの中には、10年以上、テニスをやってる者もいるかもしれん・・・
だが、その間、テニスはやってなくても
お前たちだって同じ時間にこの世に生存していたんだ!
生きていたんだ!

奴らがテニスをやっていた時・・・
お前たちがやっていたことを思い出せ!
それを全てテニスに昇華させるんだ!

一生けんめい生きていれば問題はない!」

私は、デザイナーは四六時中デザインのことしか考えてはいけないと思っていたのですが、
ゲームで遊んでても、ご飯を作ってても、本を読んでても、病気で寝込んでても、一生けんめい生きてれば問題ないと思えるようになりました。

全てデザインに昇華させれば問題はない!!

あと、ノウハウのない新しい領域の仕事に挑戦する時、「やったことなくても、今まで一生けんめい生きてきたことを反映させれば問題はない!」とか思えるようになりました。

 

それから別のシーンで

敵の外国人留学生の打球にボコボコにされる主人公。※テニスでは相手の体を狙っても反則にならないそうです。

「外人は日本人と違って一人で多くのスポーツをこなすやつが多いって・・・
サッカーとテニスとかバスケットとローラースケートなどと、まるで定食のように組み合わせて!
それによって総合的な運動神経を養ってるってよく・・・!」

なんと留学生はテニスとボクシングを掛け持ちしていたのです。

全力でボクシングをやってれば、テニスにも活かせるんだ・・・!!
という学びを得る私。

(でもこの後、3回以上立ち上がってきた主人公に負けた)

私も常にデザインをしてなくても、読書やDIYやゲームや短歌など、定食のように組み合わせて総合的なクリエィティブ能力をやしなえばいいんだ!と思いました。次は合気道やりたいです。

 

 

「燃えるV(ブイ)」は作者の島本和彦さんは失敗作だと思っているそうです。
ほんとはボクシング漫画が描きたかったのに、ボクシングはもう掲載誌に連載されてたからテニスを描くことになってしまったとか。

なのでこの漫画は、テニスというより格闘漫画で、ボールとラケットで相手を倒した方が勝ちで、必殺技もたくさん出てくるし、テニスのルールを知らなくても楽しく読めます。(私はテニスのルールを知りません)ただ、絵が荒くて何が起こってるかわからない所もあります・・・

作者が気に入ってなくても私は元気が出るし笑えるし、大好きな漫画です。
ちなみにこれ25歳で描いてたとか、恐ろしい。これくらい全力で突き抜けたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12345..4080..

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント

検索