スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

方言って素敵

東京に初めて一人で行った時、驚いたことは人々のきれいな言葉遣いでした。

山手線にて

マダムA「あそこの○○は△△なんですってね」

マダムB「まあ、そうなの?私はまだ行ったことがないわ」

マダムA「もう本当に素敵なところなんですって。一度は行ってみたいわねえ」

マダムA&B「うふふ」

 

…!

数年前に聞いたので会話の内容は曖昧ですが、綺麗で小説のような言葉遣いでした。

これは憶測ですが、山手言葉(やまのてことば)じゃないかと思いました。

東京の一部で使われている言葉らしく、明治時代に標準語を作る際に元となったものだそうです。

なので立派な東京の方言ということになります。

 

私は特定の方言を話すことが難しいです。

いろんな場所から人が移り住むベッドタウンで育ち、皆でお互いの共通語である標準語を話していました。

そのためどの地域の方言も新鮮に感じて好きです。

名古屋の学校に入学した時もわからない言葉が多かった。

 

入学式にて

先生「自分の下駄箱は使ったあとにちゃんと鍵をカウようにしてね」

私「鍵を買う?南京錠を買って、下駄箱に取り付けるってこと?」

~帰宅~

私「先生が“下駄箱の鍵を買うように”って言ってたよ。ホームセンターに売ってるかなぁ」

家族「それは鍵を閉めるという方言だよ」

 

このような勘違いがよくありましたが、名古屋弁が好きになりました。

名古屋では強調するときに「でら」と言うのは有名ですが、このときは「どら」をよく聞きました。

夏はよく「どrrrっら暑いがん」(とっっっても暑いね?)と同級生たちが言っているのを聞きました!

巻き舌というより、どぅっら、と言うのがポイント。

 

愛知県のお隣3県の方言も好きです。

岐阜の「~やお」、三重の「~やん」、静岡の「~ら」など、語尾がとてもかわいいと思います。

シンクスで働くみなさんは、地元に帰ったとき、心のなかでつぶやくとき、どこの地域の言葉を話すのでしょうか?

 

いろんな人が集まる東京にも東京だけの言葉があるように、地域ごとに受け継がれてきた言葉がある。

誰かがもし、どこかの方言のネイティブスピーカーであるなら、成長や移住によって薄れても、勝手ですが頭の中に残してくれたらいいなと考えてます。

私はうらやましいです。素敵な個性ですから!

*読んでくださりありがとうございました*

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

最近のコメント

アーカイブ