名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

方言って素敵

東京に初めて一人で行った時、驚いたことは人々のきれいな言葉遣いでした。

山手線にて

マダムA「あそこの○○は△△なんですってね」

マダムB「まあ、そうなの?私はまだ行ったことがないわ」

マダムA「もう本当に素敵なところなんですって。一度は行ってみたいわねえ」

マダムA&B「うふふ」

 

…!

数年前に聞いたので会話の内容は曖昧ですが、綺麗で小説のような言葉遣いでした。

これは憶測ですが、山手言葉(やまのてことば)じゃないかと思いました。

東京の一部で使われている言葉らしく、明治時代に標準語を作る際に元となったものだそうです。

なので立派な東京の方言ということになります。

 

私は特定の方言を話すことが難しいです。

いろんな場所から人が移り住むベッドタウンで育ち、皆でお互いの共通語である標準語を話していました。

そのためどの地域の方言も新鮮に感じて好きです。

名古屋の学校に入学した時もわからない言葉が多かった。

 

入学式にて

先生「自分の下駄箱は使ったあとにちゃんと鍵をカウようにしてね」

私「鍵を買う?南京錠を買って、下駄箱に取り付けるってこと?」

~帰宅~

私「先生が“下駄箱の鍵を買うように”って言ってたよ。ホームセンターに売ってるかなぁ」

家族「それは鍵を閉めるという方言だよ」

 

このような勘違いがよくありましたが、名古屋弁が好きになりました。

名古屋では強調するときに「でら」と言うのは有名ですが、このときは「どら」をよく聞きました。

夏はよく「どrrrっら暑いがん」(とっっっても暑いね?)と同級生たちが言っているのを聞きました!

巻き舌というより、どぅっら、と言うのがポイント。

 

愛知県のお隣3県の方言も好きです。

岐阜の「~やお」、三重の「~やん」、静岡の「~ら」など、語尾がとてもかわいいと思います。

シンクスで働くみなさんは、地元に帰ったとき、心のなかでつぶやくとき、どこの地域の言葉を話すのでしょうか?

 

いろんな人が集まる東京にも東京だけの言葉があるように、地域ごとに受け継がれてきた言葉がある。

誰かがもし、どこかの方言のネイティブスピーカーであるなら、成長や移住によって薄れても、勝手ですが頭の中に残してくれたらいいなと考えてます。

私はうらやましいです。素敵な個性ですから!

*読んでくださりありがとうございました*

会社に現れる不思議な光

こんにちは。

私は会社で、気晴らしに窓から太陽の光を浴びたりするのですが、最近不思議なものを見つけました。いつものように日光浴をしようとしたら、こんな形の光が窓から差し込んでいたのです。

↑14時頃に撮った写真です。光が壁に張り付いていました。カタカナの「ミ」?みなさんは何に見えますか?

窓は磨りガラスで出来ているのですが、一部だけ四角く切り取られて剥き出しのガラスが見えるようになっています。その四角いガラスが太陽を通し、光を作るようです。

↑別日、12~13時頃にも写真を撮ってみると、光が床に張り付いていました。子供の頃に駄菓子屋でよく買っていた、あの四角いグミみたいだなと思いました。

↑17時頃のです。夕暮れ時になって、色も温かい色に変わりました。位置も、床から壁へ移動しています。さらに拡大すると…

↑あみ模様ができています。夕暮れに現れる光はとても寿命が短く、15分くらいたって再度見てみたら既に消えており、儚いと思いました。太陽が沈むとこの光も消えます。くもりの日も現れません。

「今の時間、あの窓の光はどんな形をしてるんだろう」と気になって、たまに見に行きます。数分で形を微妙に変えていくとは、とても不思議です。夏になったら太陽の位置が高くなって、日も長くなり、新しい光の形を見られるかもしれません。面白い形をしていたら、また写真を撮ってみます。

*読んでくださりありがとうございました*

はじめまして/入社して感じたこと

はじめまして。今年度から入社した者です。入社から3ヶ月経ち、社員の方々にあたたかく見守られながら過ごしています。

初ブログということで、Thinksについて感じたことを書きたいと思います。

それは、「人柄がやわらかい」ということです。

社内では毎日さまざまな集まりが行われていますが、そこにかたい雰囲気はないです。いつもジョークが飛び交い、盛り上がっています。漏れ聞こえてくるお話にマスク下で笑ったり、帰宅してからお話を思い出して笑ったりもします。私は未だ仕事に対して緊張していますが、いつも先輩や上司の方々がジョークを言うなどして緊張をやわらかく解いてくれます。

また、アイデア出しの時に、私が「つまらないかもしれない…」と思うような案を出しても、「これはこれでアリ」「アイデアはどんどん出していいんだよ」と柔軟に受け入れてくれます。そのおかげで、私はのびのびと仕事ができています。

なぜこんなに人柄がやわらかいのか、それはThinksのみなさんの根底に「仕事を楽しもう」という想いがあるからではないかなと考えています。

私もThinksの一員として、多くのことを学びながら仕事を楽しんでいきたいです。
これからよろしくお願いします。

読んでくださりありがとうございました。

最近のコメント

アーカイブ