名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

チラっとね。

昨日、毎年お手伝いをさせていただいている
某大学の就職ツールが完成しました。

おつかれ、みんな!!

 

このお仕事は今年で4年目となるのですが、
こういったレギュラー的なお仕事は
慣れる…というより次をどう変えていくか悩まされたりします。

 

ほぼ同じ材料や内容を使いながら
いかに今年らしい新しさや変化を出して、
なおかつ前回よりもステップアップさせるか…。

 

少しずつ上がるハードルですが、
毎年あれよこれよとデザイナーさんが奮闘してくれています。

 

また作品集でも掲載してもらうと思いますが、
今日のところはほんの少し …。

 

知ってますか?

高齢化社会と言われる昨今、
さまざまなシニア向けビジネスが生まれていますが、
皆さんはこんな雑誌があるのご存じでした?

 

 

 

私はつい先日、発見しました。

 

その名も「孫の力」。

ついに孫への愛情が雑誌にまでなったのかと、
その内容に興味津々で手に取ってみると、
企画も かなりのバリエーション。

 

最新号の中身をちょっと紹介すると…

「祖父母だけにできる教育の話」といった孫教育論を特集に、

「孫と楽しむジィジとバァバのスタイルブック」
といったファッション情報から

「今さら聞けない でも孫に教えたい礼儀作法入門 」
といった雑学、

他にもたしか、孫に与えたいおもちゃの紹介もあったような…

とにかく、なかなかの充実ぶりです!!

 

ちょうど自分が企画を立てなきゃいけない時期だったこともあり、
企画の一つひとつをどんな思いで考えたんだろう…
なんて編集者の人のことを考えてしまうのは、職業病??

 

よく調べてみると昨年7月に創刊されたそうで、
今頃こんなことを話題にしているのは恥ずかしいのですが、
でもこれだけダイレクトに「孫」をテーマにした雑誌を初めて見たので、
なかなかのインパクトでした。

 

これだけいろいろなモノが揃う世の中で、
「そういえばこういうモノってなかったよね〜」
って企画を見つけたい!
とは思っているのですが…、これがなかなか難しい…。

 

う〜ん…
とりあえず明日から頑張ります。

夢見る頃を過ぎても

先週のブログで、図書館に足を運んでいるお話をしましたが、
何をしているかと言いますと
実は仕事で使うための古い新聞記事や写真を探しています。

 

分厚い縮刷版の細かい文字を追いながら、
古い新聞ページをめくるたびに懐かしい記事や広告、
テレビ欄にはこれまた懐かしすぎるテレビ番組やタレント名が並んで、
どうしたって目移りしてしまいます。

 

そんな中で目にとまったのはスポーツ欄。
今年、横浜DeNAの監督になった中畑清さんの引退記事でした。

 

見出しは「いつか、監督になりたい」。

 

お〜、ちゃんとなってるじゃないの〜!!
と思わず感動。

 

当時は1989年の35〜36歳のことなので、
20年以上経って夢を叶えたんですよね。

 

そう思うと、改めてすごいというか、
ほんのちょっと元気をもらってしまいます。

 

さすがに夢見るお年頃は過ぎたと感じていた私も、
まだまだ願っちゃってもいいのかもしれません。
まだまだ何かを叶えちゃうかもしれません。

 

でも…、こんなふうに
言ったことが残ってしまう有名人って、
ある意味こわいですね…。

 

私は地味に、10年後、20年後に向けて
何か種を蒔いていきたいな〜、
なんて思っています。

 

 

 

 

図書館 is ワンダーランド

ここ最近、調べ物があって図書館へ足を運んでおります。

 

久しぶりに足を踏み入れた図書館は、
なんだかかなりのワクワク感…。
ありとあらゆる雑誌類や、地方の広報誌、フリーペーパーまで陳列されていて、
本来の目的である新聞縮刷版ゾーンにたどり着くまでに
どれだけ目移りしたことか…。

 

さらにちょっと見かけたティーンズコーナーでは、
POPを書くと図書館グッズがもらえる…
なんて企画も行われてて、
ますます、図書館って面白いじゃないか〜とポイントアップ!

http://www.aichi-pref-library.jp/tekopon.html

 

個人的にはそのPOPに興味津々でしたが、
なんせ “ティーンズコーナー” なんでね。
おとなしくスルーしましたけど…。

 

私は本屋さんが好きで週に一度は必ず行くんですけど、
これからは図書館も活用したいものです。

 

ただ…、長い時間いると、
コピー機の順番で言い争うおじさんとか、
自販機コーナーでパンを食べているのかと思いきや、
袋に入ったキャベツをむさぼり食べている人とか、
ちょっと「?」な人にも遭遇しましたけど…。

 

図書館、まだまだ不思議がいっぱいです。

 

あの日の一面

3月11日。

 

おそらくあらゆるメディアが何を発信すべきか
頭を悩ませたであろう日。

 

さまざまな媒体でさまざまなメッセージが発せられる中で、
私が一番、惹き付けられたのはこれでした。

 

 

読売新聞の朝刊、一面。

 

大きな見出しやインパクトある写真を持ってくるのではなく、
コラムである「編集手帳」を上に配置したレイアウト。

そして、静かに強く、置かれたキャッチコピー。

 

 

「時は流れない。雪のように降り積もる。
人は優しくなったか。賢くなったか。」

 

 

久しぶりにグッときた新聞一面。
改めて言葉の力を感じました。
これから先、自分が失敗や困難を経験した後に、
思い出したいものです。

 

興味のある方はこちらで「編集手帳」全文が読めます。
ぜひ。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20120310-OYT1T00861.htm

あなたに会いたい。

昨日のfukamiさんのブログで書かれていた遠方取材。

最近は、予算的に厳しかったりと、
そんな機会も減ってきていますよね。

 

バブリーな時代を過ごした先輩からは
やれ海外に行ったとか 、チーム皆で何泊もしたとか、
そんなおとぎ話を聞いたこともありますが…。

バブルが思いっきり弾けた後に社会に出た私たちには、
まったく縁のない話ですね…。

 

とはいえ、年に何度か取材などに行かせてもらうと、
やっぱり直接会うことの大切さを実感します。

 

通信が発達して、パソコンやメールで
直接会わなくても仕事ができてしまう時代。
「わざわざ行かなくても…」と思ってしまいがちだけど、
やっぱり会うことで得ることは大きいです。

 

それは取材とか撮影といったことだけじゃなくて、
普段の仕事でも言えることだったりします。

 

ほら、電話やメールだけでやりとりしていて、
どうもしっくりこないというか、
なかなかゴールにたどり着かない経験ってありませんか?

 

そんな時、きちんと顔を合わせてじっくり話をしてみると、
それまでゴタゴタしていた仕事が、
ウソみたいにスルッとスムーズに進んだり…。

 

そんな時、改めて仕事は
人と人とのつながりだなって思います。

 

情報やモノだけが行き来する仕事は、
作り手の愛着を奪ってしまう。

 

会いにいくこと。目で見ること。感じること。

 

検索では見つからないことを
どれだけ自分の中 にインプットできるかが、
きっと大きな違いになるんだろうな…。

 

なんて思ったりします。
ではでは。

 

 

うれしなつかし

今日は3月1日ということで、
愛知県では公立高校で卒業式だったようですね。
卒業生のみなさま、おめでとうございます。

 

自分の高校の卒業式…。

 

あまりに昔すぎてクラクラしますが、
確か卒業式の日は、体育大会のビデオを見たりして、
最後はゲラゲラ笑って帰った記憶があります。

 

“懐かしい”と言えば、
先週末に昔働いていた会社の仲間たちと
何年かぶりに食事会を行いました。

 

私が大学を卒業してはじめてお世話になった会社で出会った 、
先輩や後輩、パートやアルバイトに来てくれた人たち、
外部の ライターさんやデザイナーさんなど、
実に幅広い年齢層の面々です!
(ついに20代はいなくなったけど…)

 

ちょこちょこと会っているいる友人も何人かいますが、
これだけ揃うのは2〜3年ぶりでしょうか??

 

しかも妊婦が二人も!(9カ月目と8カ月目)

 

ある期間を一緒に頑張ったみんなが、
今はそれぞれの場所で頑張っていて、
でもこうしてまた笑って会えるというのは、
本当にうれしいことだなって思います。

 

次はいつ会えるかな〜♪

 

 

まだまだ自由に

ゾノちゃんの若者エールを読んでいたら、
ふと思い出しました。

 

以前、東京にお芝居を観に行ったときのこと。

 

そのお芝居には
ある有名大御所芸人さんが出てみえたのですが、
2回目のカーテンコールが終わり、
出演者の皆さんが下がろうとしたそのとき。

 

小さなかわいらしいおばあさんが
ヒョコヒョコと舞台前に歩き出し、
(というか気がついたら舞台の前にいた)
その大御所芸人さんに何やら語りかけはじめたのです。

 

他にも有名な方が出られていたので、普通ならNGな出来事に
ちょっとビックリしたのですが、
とくにストップがかかるわけでもなく、
なんだか一生懸命に語りかけるおばあさんの姿に、
会場全体が温かい目で見守っていました。

 

そんなおばあさんの姿を見ているうちに、
「ああ私も年を取ったら、あんな自由なおばあさんになろう!」
と思ってしまいました。

 

年を取るからって、出来なくなることばっかじゃなくて、
年を取ったから、出来ることもあるんじゃないかなと。

 

ま、周りは、迷惑かもしれないですけどね…。

 

笑って許してもらえる、そんなおばあさんになりたい…。

 

ちなみに私の数少ない自慢の一つが
長くてしっかりした「生命線」。
しぶとく長く、生き抜くみたいです…。

うるう

年明けからバタバタとしてまして、
気がつけばすでに2月も半ば…。

 

そういえば、今年は「うるう年」なんですね。

 

先月末に、小林賢太郎氏の「うるう」というお芝居を観ました。

 

まだ公演中なので詳しい内容は言いませんが、
簡単に言うと、ある理由からはみ出し者の人生を送っている人のお話…
という感じでしょうか。
まるで童話のような素敵なお芝居でした。

 

そのお芝居の中で、2月29日、
つまり「うるう日」をこんな風に例えていました。

 

トランプの数字 、1から13までを順に足すと 91

トランプには4つの絵柄があるので  91×4=364

それにジョーカーを足すと     394+1=365

 

つまり通常の1年=365日とピッタリ合うわけです。

 

トランプで言うと +1は、予備のジョーカー。
うるう日は予備のジョーカーのようだと。

 

多少強引なところもありますが、
なんかこういう数字の偶然と言うか、不思議に気づけるところが
すごく面白いと思います。

 

よくよく考えてみれば、
なぜトランプは13までなのかとか、
なぜうるう日は2月にあるのだろうとか、
気にしなければ気づかない不思議がたくさんあるんだと気づかされました。

 

ちなみに、予備のジョーカーなんて言ってしまうと、
「うるう日」はまるで余分なもののように受け取られてしまいそうだけど、
このお芝居のコンセプトは違います。

 

“うるう年のうるう日のように、
「余りの1」が世界のバランスをとることがある。 ”

 

そんな風にうるう年を見てみるのも、なんだか面白い。

 

NO! snow!

こうなる予感はありましたが、
やっぱりなってしまいましたね。

見事な雪、雪、雪…。

皆さんの周りはいかがだったでしょうか。

 

駅まで車で通勤している私にとって、雪は最悪の事態。

 

だって、年に1回か2回の積雪のために
スタッドレスタイヤを買うなんて…。
雪の予報が出るたびに、
「積もるのだけはご勘弁を…」と願っています。

 

クリスマス寒波の時は、
少し朝の出勤時間を遅らせたら道路はすっかり溶けてクリア!

でも、今回は待てども待てども 溶ける気配がない。

 

というか、わが家の近隣住民は出勤しないのか!
と言いたくなるぐらい車が通らない。
車が通らないから、どんどん景色は白くなるばかり …。

 

ということで、断念してバスで行くことに。

 

でも自慢じゃないですが、
わが家に一番近いバス停まで15分かかるんです。
バス停までちょっとしたクロスカントリーです。

 

なんとか無事会社に到着しましたが、
帰りのことを考えるとさらに憂鬱…。

 

明日は雪が降りませんように…。

ただただ願うばかりです。

 

AM11:00頃の駅周辺

 

 

嫁日々からプレゼント企画がスタートです!

ブログ担当の日ではないのですが、
本日はど〜してもお伝いしたい告知があって
割り込ませていただいちゃいましたっ!

 

クリスマス、お正月、その次のイベントといえば…、

 

そう ♥♥♥ バレンタインデー ♥♥♥ です!

 

個人的にはすっかり忘れていましたが(笑)、
世間的にはビックイベント(らしい)です!

 

そこでシンクスが制作・運営をしている「お嫁さんな日々」が、
ニチガンオリジナル様とコラボして
あの人気キャラクター「ミッフィー」のシリコン型 をプレゼントする
アンケート企画がスタートしました!

 

なんと、このシリコン型なら、
あのミッフィーの立体型のチョコもできちゃうんですよ。
今やチョコも3Dですよ!

 

し・か・も、お料理好きの方にはうれしい
スパチュラ(へら)やら レードル(お玉)をセットでプレゼント!

 

シリコン素材って、お子さんが使うのにも安全で、
「一緒にお菓子づくりを始めたい!」と思っている
お母さんにぴったりだと思いますよ。

 

さらには嫁日々グッズの中から
オリジナルタンブラーまでつけちゃうという、
身内ながら「おいおいなんて太っ腹!」
という大盤振る舞いっぷりです。

 

このチャンスを逃さないでくださいね〜。

詳しくはこちらからどうぞ!

↓  ↓  ↓  ↓  ↓

 

 

冬晴れ

寒いのが苦手で、
眠るのが大好きな私にとって、
早朝からの仕事は過酷です…。

が、そんな私が本日は朝8:00からの撮影へ…。

 

やっぱり寒いのは逃れられませんが、
目の覚めるような青空!!!

 

朝の光はハッとさせられるくらいキレイで、
そんな空の下で元気に走り回る学生の皆さんは、
これまた眩しいくらいにキラキラしてました!

 

若いって、素晴らしい…。

 

素晴らしいシーンに出会うためには、
シンドイことしないとダメですね。
楽していいものは出来ないのだと反省…。

 

来週になったら忘れてしまいそうですが(笑)、
そんなふうに思い返した冬でした。

 

では!

 

今年もよろしくおねがいします。

あけましておめでとうございます。

Thinksは本日より2012年の営業をスタートしました。

 

どうぞ、2012年のThinksにもご期待ください!

 

今年最後の…

2011年最後のnishihara担当ブログでございます。

 

ちなみに弊社のお休みは
12月29日(木)〜1月4日(水)となりますので、
よろしくお願いします。

 

気がつけば5月末のスタッフブログスタートから、
6カ月が経過しました。

 

どうせすぐにフェイドアウトするんちゃうの!?
という予想を持っていた方もいるのではと推測しますが、
多忙な時期や体調が悪かったりする中で、
途切れ途切れながらも
担当スタッフみんなでなんとか頑張ったのではないでしょうか。

 

というか、頑張ったよ!
頑張ったって言ってやってください。

 

たまにヘルプで登場してくれた皆さんも、
ありがとうございました。

来年度はますますのヘルプ要因を募りながら、
バラエティーに富んだスタッフブログを展開したいと、
勝手に思っています。

 

もちろんブログだけじゃなく、
お仕事の方でもいろいろ新しいことができたらいいですね。

 

これからはいろんなことに
「今年最後の…」という冠がついてきます。
今年最後のあれこれを、どうぞ楽しんでくださいね。

 

2011年、木曜ブログにおつきあいありがとうございました。

メリークリスマス!

 

 

 

 

今年もあと半月ということで。

私は通勤に地下鉄を利用しています。
とくに朝は、始発駅ということもあって、
バッチリ座って睡眠をとる毎日。

 

しかし、そんな私の貴重な睡眠時間を阻むものが…!

 

それは、たまに遭遇する
小学生(ときに幼児もあり)の集団。

 

学外学習っていうんですか?それとも社会見学?
詳しい事情はわかりませんが
先日も、小学校3〜4年生の集団が
同じ車輌に大量に流れ込んできました。

 

もう、キャッキャと賑やかなものです。
ちょっと車輌が揺れたりしたら、大騒動です。
その元気が、まぶしい程です。

 

私はいさぎよく寝るのをあきらめ、
今どきの小学生の行動を観察することに。

 

すると、駅ごとに乗りこんでくる一般の人に迷惑をかけまいと、
男子たちをしかる女子の姿が…。
やっぱりね、いつの時代もいるんですよね、
しっかり者の女子。
また男子がちっともこたえてない様子で、
リュックにぶら下がったキーホルダーで盛り上がりながら、
しぶしぶ女子の言うことをきいて隅の方へ移動。

 

……?この様子、どこかで見るような…。

 

女子にしかられる男子。

 

そう、これってThinks内でも見かける光景じゃないですか!

 

大人女子にしかられる大人男子。

 

きっとこの子たちも、
30年後にも女子に怒られているんだろうな…。う〜ん残念だ…。

 

 

 

 

いよいよ2011年あと半月となってしまいました。
なんだか追い込まれてる感もあって、
どうでもいい話をしてしまいました。すいませんっ!

 

とりあえず、ラストスパートがんばりましょー!
では!

 

 

 

 

 

 

 

小さな贈り物

今年あるお仕事で、
初めて京都在住のイラストレーターOさんに
イラストを描いていただきました。

 

そのOさんに、先日請求書をお送りいただいたところ、
同封されていたお手紙に、こんなステキなイラストが!

 

 

こんなちょっとしたお心遣い(?)、サービス精神(?)が、

ほんっとにうれしいんです!!

しあわせ感じちゃうんです!!

 

単純な私は、こんなときに
一緒にお仕事させてもらってよかったな〜って思ったり。

 

でも、こういう単純な気持ちってスゴく大事です。

 

ちょっとした気持ちや心遣いの積み重ねで、
仕事はグンと楽しくなるもの。

 

誰もが慌ただしい年末だからこそ、
小さな思いやりを大事にしてガンバリましょー!

 

ではでは。

そろそろ来年の準備などいかかでしょうか?

Thinksが運営していますコミュニティサイト「お嫁さんな日々」から
いよいよ来年のカレンダーが発売されます!

 

ということで、今回は発売記念!!
先日ラジオデビューを果たした
嫁日々隊長にブログをお願いしてしまいました〜〜!!

 

 

↓   ↓   ↓   ↓   ↓

 

始めてのエントリー、
基本コメント欄専住のよろしくリームです。

 

実は萌声のニシハラさんが、
「スタッフブログ1回貸したるから宣伝でもやっとけ!」とおっしゃったので、
ご好意に甘えまして、嫁日々します。

 

で、宣伝!

 

家族のスケジュールはすべておまかせ。
ファミリー・カレンダー「嫁好みな嫁暦2012年度版」がいよいよ登場です。
12月5日(月)よりアマゾンで販売、7日(水)より発送です。
今週はお休みも返上しての準備となりそうですね。

 

「嫁好みな嫁暦」は、当社が運営するコミュニティーサイト「お嫁さんな日々」が、
世界中のお嫁さんと情報コラボしながら生まれた、
お嫁さんのお嫁さんによるお嫁さんのためのカレンダー。
週単位の予定管理がしやすいウィークリータイプと、
家族の予定管理がしやすいウィークリータイプの2タイプを用意しています。
どちらも4月スタートのカレンダーで1冊1,470円(税込)。

 

ところで、いきなり4月スタートのカレンダーに切り替えると、
その年の1~3月はどーすんだってことになってしまうわけです。
でも、ここで怯むことは許されない嫁日々。
日夜悩んで悩んで悩んだあげく、2012年1~3月仕様のカレンダーを用意しました。
1冊315円(税込)で、ウィークリータイプ・テーブルタイプ共用です。
つーか、
ウィークリータイプ・テーブルタイプがリバーシブルになって、
両方セットされてるんですね。
だから、ちょっと得した感じ♪
本カレンダーとともに、是非、お買い求めください。

 

詳しくはコチラでどうぞ↓
http://vanillafudge.jp/yomegoyomi-2012/

 

それにしても、ラジオはコワカッタw

腰痛がやってきた。

本日のブログに何を書こうか考えてみたものの
あまり思考が働かない…。
こういう日もあるんです。

 

で、最近の変わったことというと……
腰(というか骨盤の横あたり)が痛いことぐらいでしょうか。

 

ゾノちゃんも中耳炎の話をしていましたが
Thinksは満身創痍でがんばっております!!
(目標は、おだやかな年越し)

 

腰痛と言いますと、
シンクスにはヘルニアンな人が数名いるようですが、
私は大丈夫だと思っていたんですけどね。

ついにやってきたか…という感じです。

 

私の現在の悩みは、
整体に行くべきか、病院に行くべきか、です。

 

かつて首を痛めたときに、
同じ業界の人がヘルニアで手術をしたという噂が流れ、
慌てて有名な整形外科に飛び込んだことがありました。
結果はとくに異常なし。

 

診察のあと、そのまま病院の地下にあるリハビリ室で
必死にリハビリに励む人たちに囲まれながら
なぜか私は看護師さんに
「肩こり解消ストレッチ」なるものを習っておりました。

さらに肩こりにいいという枕の購入をすすめられ、
言われるがまま6,000円以上はした枕をお買い上げ。

大きい紙袋を抱えて会社に戻ったら
みんなに 笑われた嫌な思い出が…。

 

なんだかネガティブなことを思い出してしまいましたが、
やっぱり腰はヤバいです。

社会人になってから、
何人もの人に「ぎっくり腰」の恐怖を聞かされてきました。

 

症状の軽いうちに、なんとかしたいものです。

 

やっぱり目標は、
おだやかで元気な年越しです。

 

最近のおやつ事情

私は、残業などで小腹が空いたときのために、
密かにさまざまな食料&飲み物を溜め込んでいます。

 

最近の私のお気に入りのおやつがコレ!

 

まさか今さら「ビスコ」にはまるとは、
自分でもビックリです。

 

きっかけは、今年の5月。
2月の健康診断で引っかかったせいで
内視鏡検査を受けることになってしまいまして。

内視鏡検査の経験がある人はご存知でしょうが、
検査の前日は 病院で指定された食事のみ…。

 

その食事は簡単にいうとレトルトおかゆで、
朝から夜になるにつれてどんどん固形物がなくなっていくというもの。
その中で、3回の食事の他に
少しだけ“おやつ”なるものも入っていまして、
いそいそを封を開けてみると、
なんと懐かしの「ビスコ」が入っていたんです。

 

何年(何十年?)ぶりかに食べたビスコは
ほどよく甘くていい感じ。
っていうか、なかなか美味しいじゃない!

 

しかも、こんな状態の時に食べていいおやつって
スゴくない!?

 

と勝手にビスコを見直してしまったのです。

 

まあね、
かなりの空腹感の中で食べているから
っていうのはありますよ。

 

でもその日以来、なんだか思わず買ってしまうんです。
(今でもちゃんとスーパーに並んでいることも気づいた)

 

しかも小袋に入った感じが、
小腹を空かしたときの補強にピッタリなんです。

 

残業のおともにビスコ。

 

デスクにビスコ。

 

皆さんもいかがでしょうか。

 

 

 

CCNコピー年鑑が届きました

まったくの幽霊部員で、何のお役にもたっていない私ですが、
一応コピーライターズクラブ名古屋の会員でして…。
今年も無事「コピー年鑑」が完成したとのことで、
私の手元にも届きました。

 

 

今年は色が4バリエーションあって、
希望の色を選べるというものでした。

 

私は(幽霊部員のくせに)、ゴールドをお願いしました。

 

ゴールドバージョンはこんな感じです

 

正直に言ってしまうと、
会員を辞めようかと思ったりもするのですが、
コピーライターという職業や
この業界を盛り上げようと頑張ってくれている人たちに、
素直に協力したいと思って続けています。

 

今の若い人たちが、どんな想いをもって
この世界に飛び込んできているのかわかりませんが、
少なからず持っているであろう
「期待」や「希望」に応えられる場所(業界)であるように。

そういう環境をつくっていくのは
先を歩く私たちの仕事だと思います。

 

まったくの微力ではありますが、
そういう思いだけは忘れないでいたいものです。

 

ちなみにコピー年鑑は1,500円で購入も可能です。
興味のあるかたはぜひ。

 

 

カテゴリー

アーカイブ