スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

ふりかえり、よみがえり。

2020年を、おさらいする時期である。

 

わしらの仕事は、コミュニケーションありきで
成り立っている。
(と、わしは思っている)

 

より、理解や共有の密を深めようと、肩にチカラが入ると、
例え話を用いるケースが多い。

そして、わしの場合「野球」に例えることが多いらしい。

 

打者に集中しすぎると、ランナーに盗塁されるから、
当面の制作課題をクリアしつつ、予算が過剰しないように
ランナーの動きも見計らいながら、
双方抑えて、アウト(プット)を重ねていく、とか。

(こんな例え話は、実はしたことない)

 

おそらく、それも10年前まではスマートコミュニケーション
だったはずが、チームのメンバーも

年々、若くなり、次第に  “ 例え話 ”  が
話す相手にとっての、 “ 謎解き話 ”  に様変わっていくのであった。

 

会話を交わさないというコミュニケーション法もあるが、
(筆談ホステスのことでない)

気の流れに乗らないと、(気流のことではない)
功を奏しない。

 

 

 

話は、飛んで、2020年コロナ禍という状況にありながら
プロ野球は開催され、
地元『中日ドラゴンズ』は8年ぶりのAクラスによみがえり?した。

 

与田監督、就任2年目の「成果物」である。

 

思い出されるのが、与田監督が就任したときの選手たちへのあいさつ。

 

『自分が今の広島カープに入ったとき、レギュラーになれるのか』

 

 

 

2018年のセ・リーグの優勝チームは「広島カープ」だった。
同年5位だったドラゴンズのレギュラー陣が、
仮に広島に所属したとしても、
レギュラーポジションをそのまま維持することができるのか、

それとも控えにまわってしまうのか。

 

そんな視点と視野を、与田監督は選手たちに投げかけたのだった。
(元 投手だけに)

 

 

わしたちの仕事も、同様なことが言える。

 

 

仮に、他の会社に移籍したり、印刷会社でも広告代理店でも、
Web制作会社に所属しても、
今の仕事ぶりを、過不足なく発揮できるのであろうか。

 

もとより、会社を変わる発想は、皆無でいいと思う。

 

タイプや役割、長所も短所も人それぞれ違うなか、
チームとして、パーソナルの技量を各自が発揮できるのは、
とても、いい構図である。
(と、わしは思っている)

 

やっぱり、そういう空間を支えているのも、

人と人が織り成す
コミュニケーションだと思うのである。

 

で。

 

今回は、ドラゴンズAクラスでよかったね!
というテーマなのであった。

↑ わしの、成果物。

 

Maskしても、しなくても、コミュニケーションの時間や工夫は惜しまないように。

 

でも、長く、だらだらしないように。

 

自省。

 

* 来年からは、「バンテリンドーム ナゴヤ」。

 

5 thoughts on “ふりかえり、よみがえり。” への1件のコメント

  1. nagisa(偽物) より:

      こ
      の
    今 ブ
    、 ロ
    変 グ
    わ の
    ろ ポ
    う ジ
    と シ
    し ョ
    て ン
    い は

    1. ikumetal より:


      なたは、だ〜れ?
        さゆ
         り
         ん ?

      1. さゆりん(偽物) より:

        はい、さゆりんです。

        1. ikumetal より:

          偽物やん。ブログの内容について
          コメントするんぢゃ。さゆりん!

          1. さゆりん(偽物) より:

            だってさ!本物さん!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ