スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

ピーチティー事件

事件つながりで、私の身に起きた「ピーチティー事件」についても、語らせていただこうと思う。

 

 

私が高校生だった頃のことだ。

 

高校には紙パック飲料の自販機があって、そこでリプトンを買って、ちゅーちゅーするのが嗜みだった。

中でも好きだったのが、ピーチティー。

 

家でジュースを飲む習慣が無かったことと、

中学から高校にあがって「学校でジュース飲んでもいいんだ!」のワクワク感とが相まって

500㎖の紙パックリプトン=青春の味 の等式が私の中で確立されたのであった。

 

 

ある日、大好きなピーチティーを飲みながら友達とおしゃべりしていた昼休み。

同じクラスのYちゃんが「喉かわいた〜」と近寄って来た。

ちなみに補足しておくと、私とYちゃんの関係は「ただのクラスメイト」。出席番号が近くて少し話したりはするけれど、用事がなければ関わりはない、って感じのもの。

 

すると、「いいもの飲んでんじゃん!ちょーだい!」と言って、私のピーチティーを奪い、そして飲み始めたのだ。

 

 

私は、頭の中に「?」を浮かべて一時停止。

 

 

(え、すごい距離詰めてくる……。)と冷静に判断したところで時すでに遅し。

「ありがと〜」と去っていくYちゃん。

 

そして私は驚愕する。

 

 

 

「めっちゃ飲んでるやないかいっ!」

 

 

 

 

極端に軽くなった紙パックを持って、私はとてつもない喪失感に襲われた。

(実際に、ピーチティー喪失してますからね!)

 

 

「え、信じられない……」と嘆く私。

友達になぐさめてもらっているうちに、悲しみが怒りへと変化し、この人間不信になりそうな出来事に「ピーチティー事件」と名付けたのだった。

 

 

そして、今も高校の友達と会うと「ピーチティー事件あったね〜!」なんて話題の一つにあがったりするのだが、私はある大きなミスをおかした。

 

それは、Yちゃんのことも「ピーチティー女」と名付けてしまったことだ。

 

 

Yちゃんという人物に、私の大好きな「ピーチティー」の称号を与えてしまった。

しかも、自らの手で。なんと皮肉なことだろうか。

 

 

これが、「ピーチティー事件」の真相である。

 

 

 

 

 

今日、久しぶりにコンビニでリプトンのピーチティーを買ってみた。

甘くておいしい。青春の味がした。

 

 

私はピーチティーを飲むたびにYちゃんのことを思い出してしまうし、

何度だって青春時代を思い返すことができる。

 

 

 

青春って、甘酸っぱいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ