スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

わたしの番です

こんにちは、今池のドラマスターこと、田中です。

(「ドラマスター」の意味が分からない方はこちらをご覧下さい)

 

 

ブログを書く当番は、わたしの番ではありませんが、

わたしが書きたくなった時こそが、わたしの番です!!!!

 

 

 

さてさて、

巷で話題になっているあのドラマに、私ももれなくハマっています。

 

 

そう、「あなたの番です」!!!!!

 

 

25年以来の2クール連続(半年構成)ドラマで

リアルタイム視聴率が高いんだとか!

 

ちなみに、ドラマのキャッチコピーは「毎週、死にます。」

どうかしてるぜっ!

 

 

観ていない方に、ザックリ過ぎるほどザックリ説明すると、

「交換殺人ゲーム」なる遊びを始めたことをきっかけに、

マンションの住人および関係者が次々と犠牲となって

命を落としていく恐怖の推理サスペンスです。

 

最初は主人公を演じる田中圭がかっこいいわ〜♡きゅんきゅんするわ〜♡

なんていう下心80%くらいので見ていたのですが、

田中圭(主人公)が溺愛する妻が殺されところから一変、

田中圭(主人公)が皆殺し発言までしちゃうくらい怒り震えて

怖さが倍増した後半戦「反撃編」が始まったわけです。

 

 

私は、7月の3連休を使って1話から一気見したので、

あまりの情報量と恐怖に、夜1人で眠れなくなり、

その日は久しぶりに母の隣に枕を並べて眠りました。

(それくらい、怖い!)

 

 

 

現代の言い方でいうと「バズってる」このドラマ。

何がそんなに「バズってる」のかというと、

視聴者が毎週ドラマを見て、犯人探しをしているということ!

たぶん、録画した映像を血眼で何度も見返している人が

この国に何人もいることでしょう……。

 

 

その証拠に、Wikipediaを見てほしい。情報量がおかしい。

そして、「あなたの番です 考察」でネット検索してみてほしい。

字幕表示で見ることで、(針金が落ちる音)とか些細な物音を解明していたり、

各回のキャプチャを並べて「この手紙と履歴書の筆跡が似ている!」と比較検証したり、

みんな各々の推理を披露しているのである。

そして、みんな考えすぎて、おかしなことになっている。

 

 

テレビが面白くないと言われる時代に、これはすごい現象だ!

 

 

そして、一番の恐怖はなんだと思いますか?

 

そう………

このドラマの企画・原案が

 

 

秋元康だということ!!!!

 

ひえ〜!!末恐ろしやぁ〜!!

 

 

 

秋元康は人を転がすことが、本当に上手い。怖いくらいに。

 

 

さてさて、日曜日が待ち遠しいですね!

犯人は、だーれだ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ