スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

次の、約束。

早いもので、もう8月になってしまいましたね。

 

  》》》 あ! ごめん。
      7月のtanamichiブログの出だしにそっくり!

 

さすがのわしも、7月のブログはスルーしてしまったので、
今月のうちに、3編くらいブログ・ジャックしようと、
息遣いが荒くなっとる。

 

  》》》 あ! ごめん。
      それは鼻息が荒い、というのを、誤使用しとるでしょ!

 

ブログ当番という当日に、何の武器もネタも持たずに
書き込みをして、日記のような仕上りで済ませようなど
とは思っとらん。

 

  》》》 あ! ごめん。
      読んだ人の印象が、それならば何も言えん!

 

 

◎最近、仕事でもプライベートでも、十数年ぶりに旧知の方々と
 出会う機会が多いのだ。(不思議なことに…)

 

 で、昔話やら、近況やら、話を重ねて行くうちに
 こんなやりとりがあった。

 

「若い頃は、ちょっとトンガって、“ほかの誰にでもできる仕事”なんて
 なんでオレらがやらないかんの!?”ってほざいてたよね」

 

「ホント、クソ生意気に、ね」

 

「今の若い子たちでも、そう思ったりしているのかな」

 

「どうだろうね」

 

「でも、今の時代感覚で言えば、“誰にでもできる仕事だけど、
 自分にしかできない仕事にしていこうぜぇ”、というのが、
 令和じゃないの」

 

「ここで、令和出すかっ!」

 

 

 

… … …なんて、ね。

 

 

 

で、いろいろな懐かしい人たちと、お話をする中で感じたこと、

 

それは、
まあ、友人でも、仕事でも、客先でも、
「これまで、その場限り」で終えてきた時間が、
 ちょっとした気遣いや、ひと言だけで、
「次の、出会えるという機会」をつくってくれるってこと。

 

それは、「またね」という期待を込めた、
次への約束なんだね。

 

次の約束ができる。そんなステキなことはないと思った。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ