スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

人生をちょっぴり楽しくする5つの方法

私の個人的な、人生をちょっぴり楽しくする方法を紹介します。

読み終わって「ばかやろう!」というのは、やめてね。

 

 

 

 ①名付ける

 

私は高校時代、「モンロー」と一緒に通学していた。

あ、モンローというのは、私の自転車のこと。

3年間バリバリお世話になった相方だ。

 

自転車に名前を付けたのは、母のまねっこ。

母の学生時代の相方(自転車)は、「ピンクシュガー」だったらしい。

(かっこいい…!)と思って、私も相方に名前を付けたのだ。

 

“名付ける”という行為は、モノを大切にする方法の一つだと思う。

「自転車を蹴飛ばす」と「モンローを蹴飛ばす」では、重みが違う。

だから、すぐ携帯をなくしちゃう人とかは、名前を付けることをオススメする。

 

 

 

 

 ②語りかける

 

新しい服を買ったとき、靴下を買ったとき、などなど…。

「新入りでーす!仲良くしてあげてね!」と声をかけてから、

タンスやクローゼットにしまうようにしている。

そうすると、今まで持っていたアイテムたちと馴染んで、「仲間入り」ができる気がする。

 

 

また、断捨離するときも、モノを捨てるときは「ありがとう」と声をかける。

これは、整理整頓の専門家「こんまりさん」が言っていたのだけれど、

感謝の言葉を口にすることで、前向きに捨てることができる。

仲間の勇姿を見送るのだ。

 

 

 

 ③実況する

 

髪の毛をセットするとき、メイクをするとき、料理をするとき、などなど…。

 

まるで自分がユーチューバーにでもなったかのように、

「顔の周りは、外巻きにするのがポイントです。

こうすることで、動きが出て小顔効果が期待できます☆」

みたいに独自の実況を入れていくと、行動が自慢げになる。

とてつもなく面倒で「なにもしたくない…」という時に、

自分のテンションを上げるために有効。

 

 

 

 ④「む」と言う

 

「む」というひらがなの形や発音が個人的にすきです。

だから、怒るときは「む!」ということにしている。

(ちなみに一番こわいひらがなは「は?」だと思っている。)

 

大体、語尾に「む」を付けるとかわいい。

口が尖っているのにも関わらず「む」はかわいい。

 

 

 

⑤「最初の人」を考える

 

私はチョコレートが大好きだけれど、

「チョコレートをこの世で最初に食べた人、正気か?!」と思う。

豆をどうにかこうしてでききた、黒くて、苦くて、ドロドロしたもの。

それを、ミルクと混ぜて、砂糖を入れて、ここまで美味しい

幸せの食べ物にしてくれたこと、大感謝だ!

 

ちなみに私のなかで一番アツい「最初の人」は

今のところ「世界で初めてこんにゃくを作った人」である。

謎の芋を、どうにかこうにかしてできた

複雑な匂いのする、複雑な色の、複雑な食感の食べ物。

ここまでメジャーにして、おでんに入れたこと、大感謝だ!

 

大感謝のパラダイスである。

 

 

 

と、こんな感じである。

「ばかやろう!」と言いたくなった人は、

今すぐ「む!」と言ってみてほしい。

 

 

 

嘆いても、ぐれても、キレても、吐いても、

どうせ同じ時間が流れるなら、笑っていたいと思う。

 

 

 

皆さんは、どうやって楽しく生きているのだろうか?

とても気になるし、教えてほしい。

ぜひ、教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント

アーカイブ

検索