スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

ギムレットには早すぎるね。

この名作を初めて読んだのは、コピーライターになりたての頃だった。

 

 

粋な台詞の言い回し。私立探偵の主人公に

自分を重ね合わせようとしても、到底及ばない憧れをおぼえながら、

ページをめくるたびにその世界に引き込まれていった。

 

 

読むたびに、愚かしいことかもしれないが、

この主人公を演じるアクターは誰がふさわしいのだろうと、

一人遊びをするのも、私ならではの習わしとなった。

 

 

寺尾 聰 氏。

 

 

藤 竜也 氏。

 

 

柴田 恭兵 氏とか。

 

 

 

そうなんだな。じぶんの年齢より、目上になってしまうんだよね。

 

 

で、なんと NHKが『長いお別れ』をドラマ化するというニュース。

(実は、もう第1回目の放送を終えたのだが)

 

全国のチャンドラーファン、主人公のマーロウファンからすれば、

賛否両論いろんな意見が飛び出しそうで、

そちらの興味もさることながら

この1か月間、ドラマの成り行き、もしくは仕上りを見守っていくという

楽しみな時間が動き出した。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ