スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

アイデアの生まれる場所。

アイデアを出したいとき、皆さんはどうしていますか?

 

この仕事をやっていると、
企画案やビジュアルの方向性、キャッチコピーなど、
いろいろなアイデアを絞り出さなきゃいけない機会が結構ある。

 

ちなみに私のアイデアの出し方は、
まずは思いつくまま、ひと通り出してみて、
(この段階のアイデアは大方の人が思いつくモノだと認識)

そのあとは、関連するキーワードとか
情報とかを常に頭の隅に置きながら、
とりあえず日常を過ごして、アイデアが降ってくるのを待つ。

 

もちろん、降ってこないこともしばしば。

 

でも、なぜか、
比較的『アイデアが浮かぶ率の高い場所』
というのがあって、それが私的には
「通勤中の電車」と「お風呂」だったりする。

 

自分の感覚だけで、まったく何の根拠もないけど、
電車のあの微妙な揺れがいいのかなとか、
お風呂で頭をマッサージするのがいいのかなとか、
漠然と思っていたら、
どうやら日常のルーティンをしている時間が、
一番 、“ 無 ”  になりやすくてアイデアが湧きやすい、らしい。
(ということをテレビか何かで言っていた)

 

 

なるほど。

 

 

確かに、「電車」と「お風呂」は、
私にとっての THE ルーティン。

 

 

特にお風呂は、湯船に浸かっているときよりも、
黙々と髪を洗い、体を洗い、顔を洗う作業をしているときが、
一番、フッとアイデアが浮かぶ。

 

ただ、なんせお風呂場なので、メモを取ることができない。

 

あせる。あわてる。

 

仕方がないので、ひたすら浮かんだアイデアを
忘れないようにブツブツと繰り返す。

 

 

忘れるなよ〜、覚えてろよ〜、
忘れてたらまた一から考え直しだぞ〜、

念じながら、祈りながら、
お風呂というルーティンをこなす。

 

忘れるなよ〜、覚えてろよ〜。

 

忘れるなよ〜、覚えてろよ〜。

 

そしてワタシは、
たった今洗い流したモノが、
コンディショナーだったのか、
トリートメントだったのかが分からなくなり、
とりあえずもう一度トリートメントをするのだ。

 

 

ああ、アイデアって、たいへん。

 

忘れるなよ〜、覚えてろよ〜。

 

 

4 thoughts on “アイデアの生まれる場所。” への1件のコメント

  1. ikumetal より:

    あ、流行語にしようと、しとるな。
    わしのアイデアは、最近では、夢の中で育まれているようです。
    でも、忘れません。

    1. nishi より:

      それはたぶん、忘れてええやつや。

  2. nagisa より:

    わたしは矢沢さんの余談話中に降ってくることが多いです。
    長い打ち合わせを終える頃には大抵忘れてるのでいつも困ります。

    1. nishi より:

      それは、矢沢さんの話がすでにルーティンになってるかもしない!いろんな意味でキケン!

ikumetal にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ