スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

ヤマタロウ

———土曜日PM10時。
矢作川中流の川沿い。
夜中も近いこの時間に、ライトがないと足下が見えない川沿いにいた。

カニを捕るために。

 

ということで、カニ捕りに出かけました。
よくその時の勢いで遠出したりしますが、今回は「カニを捕りたい」欲が沸き起こり、勢いでカニを捕る事に。
矢作川の管轄に電話して聞いたところ、今回の川はカニ捕りOKのところでした。
ちなみに網の目が1cm以上でないとNGです。

今回は市販で売っている網を使いました。
正直網の入り口狭いし、捕れそうにないなぁと思いながらも一度帰宅。

 

———日曜AM6時。(起きたの5時)
再び矢作川へ。
朝早いのに川の周りは以外とお散歩のおじいちゃんや釣り人が多い。

人目があってちょっとやりづらいなぁと思いつつも、網を引き上げてみる。

いた!?!?
2匹!?(本当はなんやかんやで6匹くらい入ってると期待してた)

実は数ヶ月前も夜中にカニが捕りたい欲に襲われ、下調べもせずに行ったことがありますが、流れが速すぎたのか収穫は0でした。
それに比べて2匹!!すごい!!

調子に乗ってもう一度しかけて夕方に網をあげてみましたが0でした。
調べるとカニは夜行性。
なのでベストなのは夕方にしかけて、朝に引き上げる。夜は暗くて危ないので気をつけねば。

場所の下調べも大事!
一日かけて家の近くの矢作川〜海までをたどってポイントを探したのがよかったようです。
途中に微妙に人慣れしているネコがいたり、キジがいたり、海までついたら数えきれないほどネコがいたり…動物いっぱいでした。
川もですが、海を見ているとピョンピョン魚がたくさん飛んでいましたがあれは何をしていたんでしょう…?

ちなみにタイトルの「ヤマタロウ」はモクズガ二の別名です!地域によっては「ツガニ」だったり。

これだけカニについて語りましたが私は触れません(ハサミ怖い)
エビも生きているのは触れません(ビチビチするの怖い)
魚も触れません(かろうじてメダカは触れる)

触れるようになりたいなぁ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ