スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

スッキりす!は1位でした

あけまして10日、おめでとうございました。
2019年。華々しく運試しといこう!と、おみくじを引いたら、昨年に引き続き2年連続の「吉」でした。うーーーーん、コメントに困る。
だって、吉って上から何番目?

ということで、Wikipediaによると

「大吉・吉・中吉・小吉・凶」等の吉凶語で書かれる。この順で運勢がよいとするのが基本だが、「大吉」の次を「中吉」としたり区分けを増やして「大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶」とする神社も存在するさらに、よりよい/悪い運勢を示す「大大吉(大々吉)」、「大大凶(大々凶)」、大吉を細分した「向(むこう)大吉」、「凶後(のち)大吉」、吉凶の変動が大きいことを示す「未分(いまだわかれず)」、「吉凶未分」、「吉凶交交(こもごも)」がある神社もある。

だそうです。
一緒にお参りした友人が半吉だったので、私が引いたのは「大吉・吉・中吉・小吉・半吉・末吉・末小吉・平・凶・小凶・半凶・末凶・大凶」の区分けということでしょうか@熱田神宮
2番目なので幸先の良いスタートですね!

と言いたいところなのですが、さらにWikipedia、

ただし、吉凶よりも運勢の説明で何が語られているかが大切であるとされる

ごもっともです。
おみくじにはこんなことが書いてありました。
「鏡の如く心に一点の曇なき人には大吉なり。少しでも利欲心ある人には大凶なり。」
つまり「心がけ次第で大吉にも大凶にも転ぶから、とりあえず中間とって吉にしておくね」ということらしいです(超訳)

今年の標語は「明鏡止水」にします。
良い一年になりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ

検索