スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

劇場へ行こう。

私の好きなことの一つに観劇がある。

 

随分昔から興味はあったものの、
きちんと観始めたのは2003年頃。
お芝居って、行きたいと思いつつも、
なかなか行けないって人、多いんですよ。

 

誘われれば行くけど〜とか、
チケット取れればね〜とか。

 

私もそんな一人だったんですが、
ある時にこれは本気で行く気になんなきゃ行けないぞ、
と奮起して、さまざまな手段を駆使して行き始めたら
あっという間にはまってしまった。

 

あれやこれやと回数が増え、
一緒に行く友だちが増え…、
今では西へ東へと飛び回っています。

 

聞くところによると、3.11の震災以来、
劇場に足を運ぶ人が減っているそうな。

 

 

確かに、いろいろな考え方の人がいて、
いろいろな立場の人がいて、
仕方のないことだと思うのだけど。
でも、いつもなら即完売の人気劇団のチケットが余っていると聞いたときは、
やっぱりさみしい気持ちになってしまった。

 

お芝居の醍醐味は、何といっても
その日その場所で役者さんが演じてくれていること。

目の前で生身の人間の熱を感じることは、
やっぱり映画やテレビとは違うパワーをもらうと思う。

 

今こそ、お芝居を。私はそう思うのだけど。

2 thoughts on “劇場へ行こう。” への1件のコメント

  1. cream より:

    秀樹観劇!ですね。四季系ですか?宝塚?ミュージカルとかオペラとか?
    オラ若いころ、文楽とかアリアドーネの會とか、保守・革新に関係なく節操無く足を運び、
    その後日本デザインフォーラムのお手伝いでは、山海塾に接しましたでゲス。
    …それにしても、竹本津太夫はめちゃカッコ良かった。

    1. nishihara より:

      コメントありがとうございます。どきどきちしゃいました。
      残念ながらオペラとかミュージカルとか、
      高尚(?)なものはほとんど観ないんですよ〜。
      ついでに劇団四季も一度も観たことがなかったりして。
      私はもっぱら小劇団系が好きでして、
      野田秀樹は好きですが、劇団で言うと
      劇団★新感線、ヨーロッパ企画、MONO、TEAM NACS、東京セレソン、イキウメ、大人計画あたりでしょうか。
      文楽とか歌舞伎は、友人が好きで1度だけ連れていてもらったけど、どっちも楽しかったです。
      好きな劇団が増えると、うれしいんですけどちょっとたいへんです。

cream にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ