スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

真才の棋士に憧れて。

本日は将棋の第69期名人戦第6局の2日目が行われ、

またも、仕事が手につかなくなり困りました。

 

7番勝負でいきなり3連敗を喫してしまった羽生名人でしたが、

本日も熱戦を制して3連勝となり逆王手。

勝負は最終局にもつれ込む展開となりました。

なんだよ、ネタバレかよー!

せっかく明日の「週刊!順位戦」楽しみにしてたのに〜。

という方がいたらゴメンナサイ。

 

さて、かつての国民的娯楽もテレビゲームにその座を奪われて久しく、

将棋好きを告白すると、多くの人に不思議そうな顔をされます。

かくいう私も愛好歴は3年程で、もっぱら観戦を楽しむのみ。

将棋の醍醐味を理解できるほどの棋力もありません。

 

私が将棋に興味をもったのは、羽生善治という天才棋士の存在があればこそ。

 

デザイナー、ライターという仕事をしている人は多かれ少なかれ、

“才能”とか“センス”というようなものと向き合っている(きた)かと思います。

俺って天才かもと思い込み、よっしゃ作家になって芥川賞とるべ!と夢想していた思春期。

ところが社会に出れば、否応にも井の中の蛙であることを自覚させられます。

自分の凡才に気づいては、自己嫌悪に陥っていくばかり……。

ナンバーワンよりオンリーワンというフレーズを聞いても、反吐しかでません。

 

35歳を過ぎたあたりからでしょうか。

若い頃は自信があった記憶力の衰えを自覚しはじめました。

そんな中、同い年で、まぎれもなく真の天才である羽生善治が、

襲いくる加齢にどう抗い、どう落ちていくのだろう?

希代の天才は凡人と違い、いつまでも輝き続けるのか。

それとも、私たちと同じように乾き、朽ち果てていくのか。

 

そんな切り口から将棋への興味が湧いてきたのです。

自分なりのアンチエイジングかもしれません。

 

だから、もう少し、羽生善治をウォッチングしたい。

というわけで、私のモニタに茶色い木目のようなものが映っていても、

それは崇高なる人間観察でありますから! あまり、怒らないでくださいね♡

 

真才の棋士に憧れて。 への1件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

最近のコメント

アーカイブ