名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

つうこんの いちげき!

夏なので、ひやっとするようなちょっと痛い話をひとつ。
痛い話が苦手な方はそっ閉じしてくださいね。

先週、娘を園にお迎えに行った時のお話です。
今の時期は熱中症対策で毎日水筒を持って行くんですが。娘はいつも帰りになってもけっこうお茶が残っていて重たい状態なんですね。ステンレス製なのでさらに重い。すなわち私が持つはめになるのですが、自分の鞄と、娘の鞄と、謎の工作や折り紙で作られた諸々だの上履き袋だの…けっこう大荷物になるんですよ週末は。更に七夕飾りまでありましたね。

それを片手に全て持ち(片手で娘と手をつなぐので)さあ歩こうと思ったところ、
水筒がするっと腕をぬけ…

落下!!!
わたしの足の親指の上にクリティカルヒット!!!

!!!!!????☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆%%%$$$&&&&!!!!!!!!

 

脳と声がバグるくらいの衝撃波が走り、痛みとしびれで5分くらい全く動く事が出来なくて、気づいたら大量の園児や先生、ご父兄などに取り囲まれてひたすら立ち尽くすという謎の空間を造り上げてしまいました。

恥ずかしいし、動けないし、子どもたちは容赦なく質問攻めだし
(ねーね!なんでずっとたってるのお?どのぷりきゅあがすきー?「動けないからだよ、強いて言えばキュアマシェリかな…」等朦朧とした精神の中なんとか答弁しました)
娘はといえば、もう!早く帰りたいのに!とムカつかれる始末。先生がぽつりと「…ひどいなあ…」と言ったのを覚えています。

うん。ひどい。我が娘ながら立派なひどさだ。しかし、このレベルの痛みの経験がある人間でないと、想像も同情も出来ないのだなあとやっぱり朦朧とした精神の中ですが、大きな気付きを得る事が出来ました。

そして痛みを知ってより優しくなったはずの私ですが、足を引きずる様にしてなんとか帰宅し、娘に恨みがましく「今後は水筒を自分で持ってほしい」と伝え更にムカつかれました。強く生きようと思いました。

紫色で塗ってあった足親指のネイルがちょっとはがれた所をおそるおそる見ると、きれいな水色でした。ネイルがはがれても色が残ってるみたいだなあとぼんやりと思いました。たぶん今日あたり、元のネイルと同じ様な色になってるんじゃないかなと思っています。こわくてリムーバーが使えません。あと、水筒(ドラえもんのやつ)を見るたびに怖くなります。痛み止めを服用中です。皆さんも水筒の落下に気をつけてください。

寒さと猫と衣服の損傷の関係性について

寒くなりましたね。

寒さと比例して、うちの猫たちが甘えん坊になります。

要は、人間で暖をとろうという算段です。

しかし、人間の方も猫で暖がとれるため、この商談は成立です。

いつもお世話になっております

(寝ている猫の脚の間に手を差し込む等)

 

食事の前に必ず膝に乗り、

猫側が納得するまで撫でないと

クレームを受けるといった事案も頻発し、

あたたかいうちに食事がとれないこともしばしばです。

 

また、家事をしていると、ジャンプして脚に

しがみついて登ろうとしてきて危険です。

時々人間木登りが成功し、お鍋に突撃し、

猫がこげたことがあります(ドライヤーのにおいがしました)

 

つまり、わたしのセーター等が毛だらけだったり、

服のへんな所が穴があいてるのはそういった事情なのです。

フラダンスはじめました

最近の娘の口癖は
「みんなは〜習い事してるのに〜、わたしはなにもやっていな〜い」。

言い過ぎてだんだんミュージカル調になり、
「♪おと〜うさんが〜仕事が決まったらね〜」(夫は転職活動中でした)
などと歌で経済的事情を通達することにも飽きた頃、
無事転職も決まったので(色んな意味で本当によかったです)
習い事を探すことにしました。

週末にやっていて、近所で、高くないところ…と探した結果、
「親子フラダンス」一択となりました。

お、おやこ…

念のため夫に行かないかと打診してみましたが、秒で断られました。
わ、わたしが…いくしか…フラに興味持ったこと1ミリもないよ…

 

夏の終わりの蝉くらいの体力しか持ち合わせていない私は、
体験レッスンが終わったあと普通に寝込み、猫に心配そうにされました。
でも、娘は楽しかったらしいので、
私も体力作りのつもりでがんばろうと思います。
ア、アロハ…(蝉)

バイアスクラッシャー(4歳)

わたしには4歳の娘がいるのですが、一緒にいると、「そうか、人間は鼻をかむという行為に2〜3年要するものなのか…!」などという雷にうたれるような気付きにあふれています。

最近、娘が苦手としていてずっと出来なかった「うがい」が、ついに出来るようになってきました。
うがいって、そんなに難しいことだったのか…!としみじみする4年間の終焉です。
でも、今のうがいはどうみてもおぼれてる人(口からごぼごぼと水がマグマのように噴き出す)にしか見えず、見るたびに私が吹き出し、つられて娘も吹き出し、周辺がびしょびしょになります。まだまだ要練習。

そんな雷に打たれがちすぎて黒こげな日々を送っているのですが、昨日夕飯時に娘がふいに
「お母さんって、小さい時はなんて名前だったの?」と聞いてきました。
「え?小さい時も同じ名前だよ?」と当然のように答えたら、娘は目を見開き「え?!?」と驚愕しました。
話を聞いてみると、どうやら「名前は大人になったら自分でつけ直せるものである」という風に考えていたんだとか。
現行の法律では特別な理由がない限り、改名は不可能ではないもののかなり困難である旨を伝えたら、大変ショックをうけてしまいました。
大人になったらどんな名前にしようかとずっと考えていたんだとか。なんだか申し訳なく思ってしまいました。

たしかに、「名前は変えられないものだ、自分でつけられないものだ」というバイアスを外せば、例えば成人式とともに自分で自分の名前を付け直せる(変えないという自由もあるが、自分で決められる)という儀式があれば、それまで名前を考える楽しみもあるし、自分でつけた名前をその後の人生に大人として責任を持って、自発的に生きていく良いきっかけになるような気がしました。
うん、全然悪くない発想だ。笑ってごめんよ娘。

それからずっと、自分でつけ直せるならどんな名前にしよう?とぼんやり考えています。やっぱり、変えないのかな?

はじめてのブログ当番です

はじめまして、今年の12月に入社したばかりです。
わたしは現在4歳のこどもの育児中でして、時短勤務させていただいています。
どうぞよろしくお願いします。

わたしは出勤時、だいたいラジオをききながら歩いています。
主に芸人さんのラジオを聞いているので、時折耐えきれず電車で吹き出したり、笑いをごまかすために咳き込んだりしています。でもやめられないんです。
駅などでひとり怪しくニヤニヤしてる姿をみかけることもあるかもしれませんが、通報などせず、またラジオきいてんだね…と生暖かく見守ってくださると助かります。

わたしは長らくラジオリスナーでありますが、最近ラジオ好きにとっては革命的な変化がありました。
パソコンやスマホでラジオが聞けるradikoのアプリで、「タイムフリー」というサービスが始まったのです。

一部番組を除いて、一週間以内であれば、好きな番組を好きな時間に聞けるというものです。無料なんです。

その前には、エリアフリーというサービスが始まり(有料ですが)主に関東圏のTBSラジオとニッポン放送の番組を好んできいていたのですがエリア外なので、魔法の箱をいろいろして苦労していたので公式で安定して聞けるなんて!と大歓喜でした。

このエリアフリーとタイムフリーを組み合わせると、全国のラジオがどれでも好きなときに聞けるようになったということになります。

ラジオなんて仕事中に流れてるし別にわざわざ聞かないよ!という方がほとんどかと思いますが、
スマホにとりあえず入れてあるradikoを久々に立ち上げてみて、タイムフリーでちょっと気になる俳優さんや芸人さんなどの名前を検索してみたら、ひっそり地方局でやってるラジオ番組を気が向いたときに聞いたりして、おもわぬ一面を知れたり、毎週の楽しみが増えたりなんてこともあるかもしれません。

podcastと違って、CMや曲もまるっと聴けるのも思わぬ出会いがあってたのしいです。

ただひとつ問題があって、タイムフリー番組が聴けるのは短い時間制限内なのです。
2時間番組なら、3時間くらいでしょうか。なかなかぶっつづけで3時間きくのは難しいので、せめて朝の通勤時に聞いた続きを退勤時にもきけるようにしてほしいと切に願っています。

TBSラジオがpodcastから撤退し、TBSラジオクラウドに移行してしまってしばらく戸惑いましたが、エリアフリーとタイムフリー事変によって一気にまたラジオ生活が楽しくなってきた今日このごろです。

テレビでも、録画しなくてもすべての番組が見返すことができる機器がわりと流通してきているし(持ってませんが…ほしい!)
あとはテレビでエリアフリーがあればいいのになあと願うばかりです。

私自身のリスナー歴とかなりかぶる内容の小説があり、それを紹介しておわります。
一瞬の風になれ!などの青春小説が有名な方ですが、この方自身がヘビーラジオリスナーだそうです。

「明るい夜に出かけて 佐藤多佳子/著」

419004_l

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント

アーカイブ