名古屋のデザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

フラダンスはじめました

最近の娘の口癖は
「みんなは〜習い事してるのに〜、わたしはなにもやっていな〜い」。

言い過ぎてだんだんミュージカル調になり、
「♪おと〜うさんが〜仕事が決まったらね〜」(夫は転職活動中でした)
などと歌で経済的事情を通達することにも飽きた頃、
無事転職も決まったので(色んな意味で本当によかったです)
習い事を探すことにしました。

週末にやっていて、近所で、高くないところ…と探した結果、
「親子フラダンス」一択となりました。

お、おやこ…

念のため夫に行かないかと打診してみましたが、秒で断られました。
わ、わたしが…いくしか…フラに興味持ったこと1ミリもないよ…

 

夏の終わりの蝉くらいの体力しか持ち合わせていない私は、
体験レッスンが終わったあと普通に寝込み、猫に心配そうにされました。
でも、娘は楽しかったらしいので、
私も体力作りのつもりでがんばろうと思います。
ア、アロハ…(蝉)

バイアスクラッシャー(4歳)

わたしには4歳の娘がいるのですが、一緒にいると、「そうか、人間は鼻をかむという行為に2〜3年要するものなのか…!」などという雷にうたれるような気付きにあふれています。

最近、娘が苦手としていてずっと出来なかった「うがい」が、ついに出来るようになってきました。
うがいって、そんなに難しいことだったのか…!としみじみする4年間の終焉です。
でも、今のうがいはどうみてもおぼれてる人(口からごぼごぼと水がマグマのように噴き出す)にしか見えず、見るたびに私が吹き出し、つられて娘も吹き出し、周辺がびしょびしょになります。まだまだ要練習。

そんな雷に打たれがちすぎて黒こげな日々を送っているのですが、昨日夕飯時に娘がふいに
「お母さんって、小さい時はなんて名前だったの?」と聞いてきました。
「え?小さい時も同じ名前だよ?」と当然のように答えたら、娘は目を見開き「え?!?」と驚愕しました。
話を聞いてみると、どうやら「名前は大人になったら自分でつけ直せるものである」という風に考えていたんだとか。
現行の法律では特別な理由がない限り、改名は不可能ではないもののかなり困難である旨を伝えたら、大変ショックをうけてしまいました。
大人になったらどんな名前にしようかとずっと考えていたんだとか。なんだか申し訳なく思ってしまいました。

たしかに、「名前は変えられないものだ、自分でつけられないものだ」というバイアスを外せば、例えば成人式とともに自分で自分の名前を付け直せる(変えないという自由もあるが、自分で決められる)という儀式があれば、それまで名前を考える楽しみもあるし、自分でつけた名前をその後の人生に大人として責任を持って、自発的に生きていく良いきっかけになるような気がしました。
うん、全然悪くない発想だ。笑ってごめんよ娘。

それからずっと、自分でつけ直せるならどんな名前にしよう?とぼんやり考えています。やっぱり、変えないのかな?

はじめてのブログ当番です

はじめまして、今年の12月に入社したばかりです。
わたしは現在4歳のこどもの育児中でして、時短勤務させていただいています。
どうぞよろしくお願いします。

わたしは出勤時、だいたいラジオをききながら歩いています。
主に芸人さんのラジオを聞いているので、時折耐えきれず電車で吹き出したり、笑いをごまかすために咳き込んだりしています。でもやめられないんです。
駅などでひとり怪しくニヤニヤしてる姿をみかけることもあるかもしれませんが、通報などせず、またラジオきいてんだね…と生暖かく見守ってくださると助かります。

わたしは長らくラジオリスナーでありますが、最近ラジオ好きにとっては革命的な変化がありました。
パソコンやスマホでラジオが聞けるradikoのアプリで、「タイムフリー」というサービスが始まったのです。

一部番組を除いて、一週間以内であれば、好きな番組を好きな時間に聞けるというものです。無料なんです。

その前には、エリアフリーというサービスが始まり(有料ですが)主に関東圏のTBSラジオとニッポン放送の番組を好んできいていたのですがエリア外なので、魔法の箱をいろいろして苦労していたので公式で安定して聞けるなんて!と大歓喜でした。

このエリアフリーとタイムフリーを組み合わせると、全国のラジオがどれでも好きなときに聞けるようになったということになります。

ラジオなんて仕事中に流れてるし別にわざわざ聞かないよ!という方がほとんどかと思いますが、
スマホにとりあえず入れてあるradikoを久々に立ち上げてみて、タイムフリーでちょっと気になる俳優さんや芸人さんなどの名前を検索してみたら、ひっそり地方局でやってるラジオ番組を気が向いたときに聞いたりして、おもわぬ一面を知れたり、毎週の楽しみが増えたりなんてこともあるかもしれません。

podcastと違って、CMや曲もまるっと聴けるのも思わぬ出会いがあってたのしいです。

ただひとつ問題があって、タイムフリー番組が聴けるのは短い時間制限内なのです。
2時間番組なら、3時間くらいでしょうか。なかなかぶっつづけで3時間きくのは難しいので、せめて朝の通勤時に聞いた続きを退勤時にもきけるようにしてほしいと切に願っています。

TBSラジオがpodcastから撤退し、TBSラジオクラウドに移行してしまってしばらく戸惑いましたが、エリアフリーとタイムフリー事変によって一気にまたラジオ生活が楽しくなってきた今日このごろです。

テレビでも、録画しなくてもすべての番組が見返すことができる機器がわりと流通してきているし(持ってませんが…ほしい!)
あとはテレビでエリアフリーがあればいいのになあと願うばかりです。

私自身のリスナー歴とかなりかぶる内容の小説があり、それを紹介しておわります。
一瞬の風になれ!などの青春小説が有名な方ですが、この方自身がヘビーラジオリスナーだそうです。

「明るい夜に出かけて 佐藤多佳子/著」

419004_l

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント