スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

なぎさの日記/『もしもシンクスに宇髄さんがいたら』

【1月12日 火曜日:雨】

シンクスにもじわりじわりと鬼滅コミック読破組みが増えてきた。
なのでもしもシンクスにいたらシリーズを続けてみようと思う。

仮に、宇髄さんがシンクスにいてわたしの直属の先輩だったとしよう。

きっと二人三脚で仕事に取り組み、手取足取りたたき込まれながら
ハードなプレゼンもどんどん乗り越えるだろうな。
厳しめに「もっと自分で考えてデザインしろ!
こんなんじゃプレゼンでも世間でも通用しねえぜ!」とか言われつつも
わたしは炭治郎のようにめげずに、食らいついていくと思う。
で、プレゼンが通ったら焼き肉とかご馳走してくれる。

そんな仕事ぶりがかっこいい先輩に
恋愛感情なのか人としての尊敬なのか分からないけど
憧れを抱くと思う。

多分、宮兄と宇髄さんは相性が良いだろうな。
筋肉仲間になって、話もテンションも合うだろう。
それってつまり宮兄にも
恋愛感情なのか人としての尊敬なのか分からない
憧れがあるって事なのかな。
それはなんか違うな。

それより、定期的にこの改行の調子が悪くなるのは
なんなんだろう。
目に見えない何かの仕業なのか。
さゆりんなんとかしてください。

おしまい

※このブログはほぼフィクションです

4 thoughts on “なぎさの日記/『もしもシンクスに宇髄さんがいたら』” への1件のコメント

  1. さゆりん より:

    や、やばい。
    改行が直らない限りブログの締めが『さゆりんなんとかしてください。』になってしまう…!!
    あと柱7人分を書く間には直りますように…

    1. nagisa より:

      お。察しがいいですね。
      もう疲れたから続きやってくれてもいいよ。

      1. さゆりん より:

        む。気が向いたら続きをやります!

  2. あや より:

    冨岡さん!(こっそりリクエスト)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ