スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

あるある?

 

気が付いたら1月が終わろうとしています。

久しぶりのブログです。

(ライターさんの後のブログは勇気がいる…)

 

 

 

世間の流行には一旦のってみる精神なので

先日『パラサイト 半地下の家族』を観賞してきました。

 

 

内容については、面白かったというか

見応えがあったので私はおすすめします。

 

 

 

 

韓国映画を初めて観たのですが、

少しだけ気になった事がありました。

 

 

ハングル文字って、

文字自体に図形のような形が入っているので

作字する時、日本語より難しそうだなぁとずっと思っていたのです。

 

この映画のポスターがこちらです。(タイトル文字に注目)

 

 

左上:韓国版/右上:日本版

左下:中国版/右下:ヨーロッパ版

 

 

ポイントで入ってるうずまきみたいな形、

中国版&ヨーロッパ版では無くなっている!

そしてそれぞれ受ける印象が少し違う気がします。

 

 

私が日本人だからかもしれませんが

映画のテーマが結構シリアスだったので

日本語のタイポが一番しっくりきました。

 

 

他はなんだかごつい…

そして中国語の漢字のインパクトがすごい…

 

 

ちなみに「Parasite」の意味は「寄生虫」。

中国語で「寄生虫」はそのまま「寄生虫」。

映画の内容的に「上流寄生族」はなるほど、と思います。

 

映画のタイトルって意味で訳されるから

本当はそんなタイトルだったの!?

とたまになりますよね。

「アナと雪の女王」は「FROZEN」だし。

 

 

何が言いたいかと言うと

こういう事考えるのって職業病なのか!というお話でした。

 

 

 

おしまい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

最近のコメント

アーカイブ