スタッフブログ

名古屋の企画・デザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

はじめてのショー

早速田中さんの「はじめての○○」シリーズにのっかります。

というのも、私も同じ話をランチタイムにしていた一員でして、

今まで食べたことや見たことのないものに挑戦して行こう!

と決心をしたのです。

 

 

 

私も保守派だったので、

 

ミスタードーナツではオールドファッションを選ぶし、

サーティーワンではいつもホッピングシャワーを注文するし、

スターバックスではホワイトモカを頼みがちでしたが

(田中さんより引用)

 

 

その話をしてからは

ミスタードーナツでもスターバックスでもコンビニでも

新商品を選び、(サーティーワンは最近行かない)

 

 

その甲斐あって小さなわくわくが日常に増えました。

 

 

 

 

 

 

そんな中、先日はじめてニューハーフショーを目的に、

かの有名なホテルなんとかメリアに行ってきました。

 

 

 

 

 

ショーが始まるまでの間、高まる期待を胸に、

どきどきどき…

 

 

 

 

じゃーん!

始まりました!

 

 

 

か、かわいい!!!!

セクシー!!!!

少女時代!!!!

 

 

 

photo

こんな完璧な表情生きてて一回もしたことありません。

 

 

 

隣のおじさんも

「本当に男かありゃ」と不思議がっていました。

 

 

 

 

 

彼女たちをみていると、

お風呂上がりですっぴんで、

浴衣を着ながらお酒を飲んで、

顔を赤くしている自分が女として情けなくなりました…

 

 

歌舞伎でも男性が女型をやったりしますが、

女らしさは表情や仕草で十分だせるんですね。

少し、ネットで拾った知識を紹介します。

 

【歌舞伎女型に学ぶ、女らしさを高める美しい仕草】

①細くか弱く見せる”クロス”

②肩甲骨を引き寄せて作る”なで肩”

③”儚げ”は伏し目を織り交ぜ目で語る

④歩幅は狭め&内股を意識して

⑤返事の溜めで艶っぽい女性へ

⑥物は指を揃えて取って

 

 

 

だそうです。

確かに納得…

 

 

 

 

そのもの「らしさ」が何かというのを

分析の目で見ることは大切だなと。

これはデザインにも通ずることだなぁと思います。

 

 

 

 

 

と、無理矢理落とし込んで

ただのプライベート報告を終わりとします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

検索

カテゴリー

アーカイブ