スタッフブログ

名古屋のデザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

人工知能とお友達の話

先日、ビックサイトにて開催されたコンテンツ東京の、
Thinksブース営業担当として、
3日間出席してまいりました。

ブースにご来訪いただいたたくさんのお客様、
終わったあとご飯をご一緒させていただいた東京の皆様、
ありがとうございました!


 

 

↑東京での友達作りに励むThinksスタッフ。すごいやわらかかったです。

休憩時間のあいだに、隣で開催されていた
「AI・人工知能EXPO」に行ってきました。
人工知能やAI、今熱いキーワードなだけあってすごい人でした!
コンテンツ東京の中の全展示会で一番人口密度がすごかったのでは!?

どう使うのかただのデザイナーでは
見当がつかないものもたくさんありましたが、
ディープラーニングのすごみを思い知らされました。
もくもくと働くロボットハンド、カワイイ!!

個人的におおっと思ったのは
監視カメラのような遠くから多数の人を映すカメラで
人の顔を抽出して、年齢と性別を判断するAIです。

監視カメラの画面が大写しにされて、
その右側に人の顔が切り取られたサムネイルと
推定性別、年齢が次々と流れていきます。

AIによると私は「22歳、女性」。
AIなのにこんなに微妙なお世辞が使えるなんて!!!!
というのは冗談で、ちらっと斜め顔が映っただけなのに
ニアなのですごいな〜と思いました。

Thinksブースにたまたま、
人工知能やロボットの研究をしている方がお越しになりました。

Thinksブースの近くにキャラクタービジネスのゾーンがあったので、
人と接するロボットの参考に見て回っていらっしゃるとのこと。

人工知能がどんどん世の中に出てくると、ロボットの見た目も重要ですよね。
ペッパーくんはかわいいけど実物を見ると少し怖い、ルンバはかわいい!
顔がないと、想像の余地があるからいいのかも。
というような興味深いお話しを聞かせていただきました。

個人的には、人工知能が人間のパートナーとして
身の回りに着いていてくれる世界になったら、ゲームの
「ゼルダの伝説時のオカリナ」に出てきたナビィみたいなのがいい!

ナビィは光の玉に虫の羽がついたような妖精で、顔はありません。
注目するものに寄っていって教えてくれたり、
用事を忘れているとリマインドしてくれたりします。

コンパクトだし、見た目がよくないですか!?
私が生きているうちに妖精を連れて歩ける世界になったらいいな〜。
シンギュラリティは2045年か〜〜〜遠い〜〜!!!

みなさんもSFを読んでデジタル化する世界に備えましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント

アーカイブ

検索