スタッフブログ

名古屋のデザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

本で振り返る2017年

↑積ん読たち

12月に入るころ、今年中に積ん読を終わらせよう!と意気込んでいたのですが
カレンダーをよく見たら、年末の休みが短すぎて年内に読むヒマなかった。
年始のお休みに読もうと思います。

今年は広い部屋に引っ越して、憧れの壁本棚も作って、本に親しんだ年でした。
そんなわけで、月ごとに読んだ本を1冊ピックアップしながら
今年のできごとを振り返ってみようと思います。

 

1月ごろ

■考えない練習/小池龍之介
[あらすじ]若手のお坊さんが説く頭の掃除法

1月はすさんでいました。

2月ごろ

■ハローサマー、グッドバイ/マイクル・コーニイ
[あらすじ]あまずっぱくてオチがすごい青春恋愛冒険SF。

これは寒い時期に読むべきだ!と思いました。2月で正解。

3月ごろ

■The Indifference Engine/伊藤計劃
[あらすじ]血と煙の匂いがするSF短編集。

映画「虐殺器官」がようやく公開され、本当に公開されてびっくり!嬉しい!
と思いながら伊藤計劃気分を高めていました。
チェコに行ってみたいです。

 

4月ごろ

■自分の頭で考えて動く部下の育て方 上司1年生の教科書/篠原信
[あらすじ]↑タイトルですべて言えてる気がします

新入社員の女の子が隣の席に来ることになり、末っ子育ちの私は
「自分より下の子と接したことない!」とガクブルしながら
こちらを読んだような記憶があります。(上司でも部下でもないけど)
私がワタワタしてる間に気づいたら立派なデザイナーに育ってたのでよかったよかった!

 

5月ごろ

■ねじまき少女/パオロ・バチガルピ
[あらすじ]未来の資源枯渇したバンコクが舞台のSF

GWに初めてバンコクに行ったのですが
一回現地に行っていると、小説の頭への入り方がぜんぜん違いました。
ねじまき少女の文からはバンコクの匂いを感じます。

 

6月ごろ

■ドッグファイト/楡周平
[あらすじ]A○azon VS ヤ○ト運輸

運送業界のパンクが問題になっていたことに興味をもちめずらしくビジネス小説を読みました。
不在にしないように気をつけています。
本は箱じゃなくて封筒で来るように1冊ずつ頼んだりとか・・・

 

7月ごろ

■ウサギくんと少年ルッコラのマーケティングの物語 50年後も変わらない、売れるモノをつくる10の基本/小川亮
[あらすじ]発明少年とがめついうさぎがマーケティングを駆使する


仕事でマーケティングの知識が必要になり、いろいろ本を見てみたのですが
絵本形式のこちらが一番わかりやすかったです。

 

8月ごろ

■調香師の手帖 香りの世界を探る/中村祥二
[あらすじ]資生堂調香師の書く「香りとは」の本

こちらも仕事で香りの知識がほしくて読んだ本。
テーマは「香り」で女子向けと思いきや、内容は理系でかっちりしてます。
これを読んで香りっていいなと思って、
今まで香水にまったく興味がなかったのに、初めて香水を買いました。
店頭で試した香りと家で嗅いだ香りがぜんぜん違っていたのでびっくり・・・!

 

9月ごろ

■新書 沖縄読本/下川裕治+仲村清司
[あらすじ]沖縄の今

初めて沖縄に行く前の予習に読みました。
そして沖縄にも持っていって、栄町社交街を徘徊した後
ホテルのお風呂で「社交街という異空間-沖縄の夜を泳ぐ」を読み、泣きました。

 

10月ごろ

■短歌という爆弾:今すぐ歌人になりたいあなたのために/穂村弘
[あらすじ]これを読んで歌人にはなる人は才能がある

心身のバランスを崩ししんどい日々を過ごしていたらとつぜん短歌に目覚めました。
最近は落ち着いたのでなかなか歌が浮かばないです。

・こんどこそちゃんと生きると決めたのにどうして明日は雨なんだろう

 

11月ごろ

■AIの遺電子 8/山田胡瓜
[あらすじ]人間とヒューマノイドが同居する未来と、ヒューマノイド専門医の主人公

私が今もっとも注目している漫画の最終巻です。
連載終了後、短編から長編に形式を変え、雑誌を変えて新連載に!よかった!単行本待ち遠しい・・・!

こんなエモい漫画はないですよ。登場人物半分くらい人間じゃないのに。
(ノーベル賞受賞のカズオ・イシグロ「わたしを離さないで」も
登場人物人間じゃないのに、超エモいです!!)
心の柔らかい部分にそっと入ってくる漫画。

 

12月ごろ

■昆虫こわい/丸山宗利
[あらすじ]虫を愛しすぎててこわい

話題の「バッタを倒しにアフリカへ」が読みたいな〜と思っていたけど
「バッタ」より「昆虫」の方がとっつきやすそうだな!と思って手に取った一冊。
壮絶エピソードと美しい写真いっぱいでよかったです!

そしてたまたま、行こうと思っていた展示で
著者の丸山宗利さんが監修&トークショーをされると!すごい偶然!濃ゆいお話が聞けそうです。

振り返ってみて、本が背中を押してくれたおかげで
いろんな出会いや挑戦があったなあ・・・と思える年でした。

来年も読書習慣は続けていきたいです。
心の積ん読(iPhoneにメモしてある、読みたいリスト)121冊あったので
半分くらい崩せるといいなぁ。

とりあえず、物理の積ん読を崩します!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント

アーカイブ

検索