スタッフブログ

名古屋のデザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

印刷会社から、社員数が約20人のデザイン事務所に転職してわかったこと

こんにちは。
半年ぶりのブログ更新を出社最終日のオフィスからお届けします。
わたしはの2015年4月1日から社員が約200人の印刷会社から、今池にあるイケてるデザイン事務所に転職しました。
そこで今回は規模の違う会社に2年ほど勤務してみて、わかったことを報告いたします!

 

 

転職してわかった5つのこと

1.どんな人が働いているかわかる
中規模の会社であっても実際の案件で関わりあいが無い場合顔は知っていても、「基本、知らない人」です。
エレベーターで乗り合わせるのも知らない人。廊下ですれ違うのも知らない人。社内の打ち合わせにやってくるのも知らない人。
知らない人だらけ。
でもシンクスはワンフロアで全社員が勤務しています。席を立てばパーティションがあっても、基本全社員の顔が見えてプライバシーが守られつつも声が掛けやすいなぁってことがわかりました。
というかわたし自身が、相手と話したり関わらないと人の顔と名前を覚えるのが苦手なのでそこが嬉しかったです。

 

2.社長と話しやすい
営業や総務でもなければ普通の会社ではなかなか社長とは話す機会がないんですよね。
前職のときは社長を見るのは週二回の朝礼くらい。

実際シンクスでは各チームに所属しつつも社長の案件を任されたり、社内イベントと色々なやり取りがありました。
仕事をする中で飲み会の合間で…、色々な話をして入社するときの社長の印象とは今はまた違って、良い意味で職場も仕事も楽しめたと思います。

 

3.どのぐらい挨拶したらいいかわからない
前職のワンフロア仕切り無しの職場は、廊下ですれ違うときも席で仕事してる最中もだいたい挨拶するんです。
でも、シンクスは各々パーティションで仕切られている。もちろん入社当初1年間は、極力挨拶していました。
すると、なんだか返事が…。
たまにあるじゃないですか。集中しているうえに声が通らなくて聞こえない現象。でも、これはしょうがないのです。
最終的に編み出したパターンは、自分の所属するチームに一人一人挨拶をし、あとは出入り口近くの社員さんのみに向けてといったかんじでした。今年の4月に入社された新社員の方はきちんと挨拶をされていてとても良い雰囲気なのでこのまま続けて欲しいです。
返事をしてみんなで応援しましょう!

 

4.会社で寝ていいのかわからない
わたしは会社で寝ることがほとんどなんですね。(昼休憩中の熟睡は除きます)

前職で勤務時間中のお昼過ぎとか、うとうとはももちろんありました。でも雰囲気的にガッツリ寝ることは無かったです。
なので入社日の隣の席の先輩の「寝てもいいよ、眠いならしょうがないじゃん」発言には驚きつつも新鮮な感覚で「これが業界なのか〜!?」と感心していました。
集中できないのであれば、ある程度のうとうとは良いのかもしれません。
でも寝てしまっているいる皆さん、なるべく家でもっと寝ましょう。

 

5.将来のビジョンがわかる
よく会社の人事っぽい人から「将来のビジョン」を聞かれたりしますよね。5年後、10年後どう働きたいのか、って。
でもわたし自身は何にもないですよ、そういうの。
そのたびに思いつきを喋っていたんですが、そろそろバレますね。「どうなるかわからないけれど、面白そうだからやる」っていうのがたいていの動機なんです。転職を決めた理由もほぼそれです。
ちなみにシンクスに入社した時には会社自体が2017年11月で30周年を迎えるにあたり、イベント的な事やこれからのビジョンを考えていました。社長や社員の距離感が近いのもあってそういった計画がみんなの意見を取り入れていたり「面白いこと」を実現させようっていう動きが目に見えてあるのは非常に良いことだと思います。
5月末で退職してしまい30周年をこのオフィスの方々と迎える事ができないのは非常に残念ですが、このブログを通して様子をうかがおうかと考えてます!

 

最後に、月並みの〆ですが…この転職で出会った人達と良い仕事ができて幸せだな〜という気持ちのまま去ることができそうです!
短い間ですが、みなさん大変お世話になりました!!

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

羽化

 

 

先日、小・中・高と同じだった友人と久しぶりに会った。

 

以下、その友人をA子と記すことにする。

 

A子は私とは、まるで真逆の人間。

趣味も違う、性格も違う、雰囲気も違う。

 

高校卒業後はまったく違う道に進んで、違う仲間に囲まれて過ごしている。

なんだか、私にとってA子は“友達”というより“相方”という言葉の方がしっくりくる。

 

 

真逆だからか、意見がかみ合うことはない。

だからといって、別にけんかになるわけでもない。

 

「そんな考え方もあるんだね。」

「あなたらしいね。」

 

そんな風に、話は進んでいく。

 

 

大人になったことで、私たちの環境の違いはさらに大きくなった。

違う世界を生きるA子の話は、それはそれはおもしろい。

 

 

私の考えに納得してくれる。

私もA子の考えを受け入れる。

決してお互いの生き方を真似しようとはしないけれど、

ある部分で尊敬し、理解をし合う。

そして、少しだけ支え合う。

 

 

とても居心地のいい時間を過ごした。

 

 

「同じ小学校じゃなかったら、たぶん友達になっていなかったね」

 

本気でそう思った。

この友情はきっと、

無垢な小学生の私たちが、今までつないだもの。

 

 

そして心から「出会えて良かった」と思った。

 

 

 

 

 

 

大人になると、なぜか友達をつくるのが難しくなる。

勇気を出して、ある一定の距離を飛び越えないと、

ある種で自分と“似ている”人にしか、出会えない。

 

 

知らない世界に飛び出すことはこわいけれど、

私はいま、新しさに触れてみたくて、うずうずしている。

 

なぜだろう。春だからだろうか。

 

 

セミは、羽化の途中に体力不足で、

空を知らずに息絶えてしまうこともあるのだという。

 

そう、羽化するにもエネルギーが必要なのだ。

 

あっという間にやってくる まぶしい夏に向けて、

春は、「養分」を蓄える季節でもあるのかもしれない。

 

 

 

 

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

なんだか、気取った文章になってしまった。

きっと、これも春のせいだ!

ちょっと大人ぶりたいお年頃なので、大目に見てくださいね。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カウントゼロ

はじめまして。
この4月から入社しましたカワイです。

入社してすぐ、ブログが当番制だと聞いてから、
来たる2週間後の記念すべき初投稿に何を書こうかと考え続けた結果
特にセンセーショナルな何かが思い浮かぶことなく
あっという間に今日を迎えました。なんてこった。
というわけで、ありきたりですが入社してからの日々を振り返って等。

あっという間に感じたこの2週間、
実際のデザインのお仕事を始めとして、電話を取り次いだり、
社外の方との打ち合わせに参加させて頂いたりと、
日々新たな刺激に、新鮮な気分の毎日でした。
そしてつい先日出来上がった名刺…名前の横に「デザイナー」って
書いてあることに、今更ながら喜びと興奮を噛み締めました。
デザイナーとしてのスタートラインに…ようやく立ったんですね私…

ここまで来るのに人より遠回りした分、しぶとく強かに頑張ります。
どうぞよろしくお願い致します。

(いつかの未来にこのエントリーを読み返すかもしれない未来の私、
 フレッシュな好奇心と緊張感をいつも忘れずにいてください。)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ほしがる。

私は映画やお芝居のフライヤーが好きで、
映画館や劇場に行くと、せっせと収集してしまう。

昔のレコードで言う『ジャケ買い』的に、
フライヤーが好きでチケットをとることだってあるし、
たとえアマチュア劇団であっても、
フライヤーに手を抜いている劇団は、
どうも好きになれないのは、職業病かもしれない。

 

フライヤーの中でも、
やはり小林賢太郎さん一連のフライヤーは別格で、
勝手に『King of フライヤー』だと思っている。

 

ラーメンズの頃から異彩を放っていて、
それはやはり多摩美出身の二人だからこそだと思っていたが、
その数々の作品が、
デザイナーの水野学氏が手がけていると知ったときは、
『なるほど』と唸った。

 

しかも実際にお芝居に足を運ぶようになって驚いたのは、
本来宣伝に使われるはずのフライヤーを、
小林さんは講演前配ることはせず、
講演を観に来た人にだけ配っていること。

 

つまり、実際にチケットを買って、
講演を観に行かなければ手に入れることができない。

 

私なんかは、まんまとフライヤー欲しさに、
講演を楽しみにしている。
(まあ、フライヤーなくても楽しみではあるだけど)
ただ、チケットが取れなかったときの絶望も
倍増するけどね(笑)。

 

でも、フライヤーの価値をまるっと変えた
この戦略を知ったとき、
改めて価値ってものは創っていくのだな〜と感じたり。

先日の小林健太郎氏のコントユニット『カジャラ』のフライヤーも、
相変わらず素敵でした。

 

文字組みの一つひとつが美しいですよね〜。

 

ぜひ、皆さんも素敵なフライヤーを探しに劇場へどうぞ。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

持続性とか多様性とかの話 + 機械となかよくの話

 

4月になりました。
2017年度が始まりました。

隣に新人でデザイナーの女の子が来ましたが、
二度見知り※の私が、うまく接することができるのだろうか。

※初対面では大丈夫だけど、会う回数を重ねることに
グダグダになる人のことをいうらしい

 

そして、個人的に一番大きい変化だと思うのは
自宅勤務制度が始まったことです!

第一号は、お子さんがいるママデザイナーさん。
自宅勤務が始まると聞いた時、なんだか弊社が時代の最前線にいる感じがして、
おおっ・・・!と思いました。

5月にも新メンバーが増えるのですが、
みんな女子なので、シンクスの女性社員の率は60~70%くらいになるんでしょうか。

家庭と仕事の両立となると、どうしても時間的な制約が女性に降りかかることが多い世の中ですが
ソフトもMacも年々高性能で便利になっていますし、
うまく時間や距離をカバーする仕組みを作って、先輩から学ぶ機会をつくれればと思います。

 

ネットがあればだいたいの仕事は問題なくできる世の中です。

柔軟な勤務形態をととのえることで、家庭(とか他にもいろいろな事情)と
仕事を両立する先輩を見て育った社員が、長く会社にいてくれて
ノウハウとか経験値が蓄積されて、制作のレベルが底上げされて→
効率よくいいものが作れるようになり→みんな幸せ
ってなるといいですよね!

男性でも時短や自宅勤務を選べる世の中になったらいいのにって思うし、
いろいろな道を開拓していけたらいいよね〜〜と
人事にまったく関係のないデザイナーですが勝手に思います。

 

それから、勤務形態とかのルール作りも重要だけど
会社の空気も大事なんだろ〜な〜と思っています。

いろんな人がいるのを許せる空気。

少数派の働き方の人が、必要以上に気を使わなくていい空気。

空気中にマイナスイオンやナノイーが漂うような会社がいいですね。
(リラックスしすぎ?)

 

ところで、私は近未来のテクノロジーや社会を書いた
SF映画やSF小説が好きでよく見てるのですが、
「行き過ぎたテクノロジーは人間性を蝕む」
みたいな感じの文を読んで、ハッとしたことがありました。

もちろん、時間や距離の問題をテクノロジーで解決することで、
ノウハウのあるクリエイターに長くいてもらえたり、仕事を続けたい人が続けられるっていうのは、
すごくステキな効率化なのでうまく回るようにしたいのは当然です。

でも、毎日効率について考えるうちに、
よい効率化と悪い効率化があるんじゃないか?と思うようになりました。

効率化していい仕事と、効率化しないほうがいい仕事があるということ。
文字にするとそんなの当たり前じゃん?って感じですが、
見極めは意外と難しい気がします。

機械がやっても同じになることは機械に任せて、
人にしかできないことに時間をふんだんに使うのが理想じゃないですか。

やっぱり人の手がかかったもの、手間をかけたものって感動しますし、
コミュニケーションから新鮮な発想が出てくることってよくあるので
人と機械の使い分けを見極める目を鍛えていきたいです!

いつか、AIが人を超えるその日まで。

 

adobeソフト、こんなに毎日使っていても
いまだに知らない便利機能が見つかりつづけていて、
どんだけ奥が深い世界なのか・・・。
早く脳波で動かせる機能をつけてほしい。
(私の知らない所にもうあったりして…)

ソフトをもっと使いこなせれば
もっともっと遊ぶ時間ができるはずだ〜と思って
新機能を駆使しながら
前年比200%は遊びたいと思っています。

気づけばバンコク行きまであと半月になってました。
異国の地でひとり、冒険を満喫してきます〜〜!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ついにきた!!

はじめまして。4月よりシンクスに入社しました、かとうです!!
ついに、シンクスブログの担当が回ってきてドキドキしています。

(ブログを書くのは人生初で緊張しています)

社会人になって1週間以上経ったのですが、社会人になる前(ぎりぎりの4月2日)まで
「ついに私も大人になってしまうのか」
と、謎の恐怖で頭の中がいっぱいでした。

今では、謎すぎる悩みだったなと呆れ返っています。

仕事は毎日勉強勉強の日々で、知識が増える事が楽しいです。

さて、そんなこんなで社会人になった私ですが!
社会人になったことでいろいろ気づくことが多かったです。

1番は、

「家に帰ってご飯が出来上がっていてすぐに食べれる」

ということが当たり前ではないというです。
以前より、さらに感謝しなければ!と感じました。
お母さん、いつもありがとう!!

と、なんだか個人的な日記のようになってしまいましたが、、、
これから、いろんなことを吸収しながら仕事がんばります!

 

かとうでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

あっというま

はじめまして!今月から新入社員としてシンクスに入社いたしましたテラジマです!

新入社員のなかで一番はやくブログを書くことになり、ドギマギしています…笑

 

入社日の前日は意外とすんなり眠れたように思います。

やっぱりそんなこともなかった気もします…。

入社当日の朝はとってもソワソワしていたのは確実です。

 

社会人として、デザイナーとして、しっかりやっていけるのか。

そんな不安がありつつも時はどんどん過ぎるもので、

こんがらがりながらも一生懸命過ごしています。

 

成長できるように頑張らねばですね!

 

さてさて、私は大学を卒業してからすぐ一人暮らしを始めました。

家を本当に出る日が来るとは…(結婚のときが家を出るときだとずっと思っていた)

歳を取るごとに涙もろくなったので、家をでるときは泣くのだろうなと思っていましたが案外大丈夫なものですね。

たまにきょうだいや親から連絡がくるとちょっと嬉しかったり。

 

これからが本番。

たくさんいろんなことを吸収して、できることを増やしていきます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

12

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント

検索