スタッフブログ

名古屋のデザイン事務所 シンクスデザイニングプロのオフィシャルホームページ

20年

阪神淡路大震災、地下鉄サリン事件など、
発生から20年目を迎た大事件が
改めてクローズアップされている。

 

風化させてはいけないと、
いろいろな特集が組まれている。

 

この2つの事件を、
あまり良く知らない昔の事件と感じるか、
近年の大事件と感じるかで、
たぶん世代が大きく分かれるのだ。

 

私…、もちろん最近の出来事派でございます。

 

過去のことはことごとく忘れていく私だが、
さすがにこの2つの事件はよく覚えている。

 

とくに地下鉄サリン事件は、
大学の卒業式を控えた春休み中で、
事件発生の前日まで東京の友人の家に遊びに行っていた。

 

と、ここまで書くと気付く人もいるかも知れないけれど、
そう、
私は20年前に大学を卒業し、
社会人になって今年で20年目を迎える。

 

まじか。

 

まじなのか。

 

アンビリーバボーな時の流れ。

 

来週になれば、
20歳くらい離れたピカピカした新人さんもやってくる。

 

とりあえず自分の歴史は、風化させようと思う。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

感動の話題作

暖かい日が続き、ようやく春を感じられる季節になってきましたね。

春は穏やかで好きですが、花粉症の人にはつらい季節でもあります。

社内にもマスク装着者がちらほら……。(そんな私も花粉症)

 

 

さて!最近私は、ある映画のDVDを購入しました。

ずっと観たいと思っていたのですが、上映期間を逃してしまい、

鑑賞済みの姉から「買う価値あり!」とお墨付きをもらったので、勢いで。

 

 

 

少し前に「泣ける」と話題になったあの話題作です。

 

私は最初、あらすじを聞いただけで泣いてしまい、予告編を観ただけで泣いてしまい、

挙げ句の果てには、カラオケで主題歌を自分で熱唱しながら泣いてしまうという、泣きっぷり。

 

DVDを買って、早速観てみました。

 

とても感動しました。

二人の友情。相手を思って立ち向かうその姿。

その周りを囲む個性豊かなキャスト陣も見逃せません。

 

 

 

その中で、主人公の結婚相手の父親が結婚式を明日に控え、不安になり、

「パパが寂しくなっちゃうから、お嫁に行くのをやめる!」と言い出した娘にこんなことを言うのです。

 

 

「楽しかった日、みちたりた日々の思い出こそ、
きみからの最高の贈り物だったんだよ。

少しぐらいさびしくても、思い出があたためてくれるさ。」

 

 

 

号泣……TT パパ良いこと言います。

 

 

 

個人的には、泣けるツボが3つほどありますね。

 

 

最近では、泣くことでストレスを解消する「涙活」が流行っているそうですし、

 

ぜひ、週末に“ドラ泣き”はいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

マグロ

私は、マグロである。

私の妻もまた、マグロである。

 

 

ある休日の昼下がり。

私は陽の当たるリビングで読みかけの文庫を片手にウトウトしていた。

隣接するキッチンからはクッキーを焼く甘い香りとジャズの旋律が流れてくる。

 

心地よい贅沢な時間。

まさに休日と呼ぶにふさわしい瞬間を、私は堪能していた。

 

 

小学生になった2人の息子たちの休日の過ごし方といえば、

もう、親にべったりということはなくなる。

今日はそれぞれの同級生と我が家の前で遊んでいるようだ。

 

公園でサッカーやろう!

鬼ごっこがいい!

マグロ釣りごっこやろう!

そろそろオヤツ食べたい。

 

子どもたちの騒ぎ声さえ心地よい。

 

私はソファに寝転がったまま妻の方を向いて、

夕食に出かけるレストランについて、いくつか質問をしようとしていた。

 

公園でサッカーやろう!

ボールどこにある?

マグロ釣りごっこやろう!

そろそろオヤツ食べてもいいよね?

 

ん?

少しの違和感。

 

「えーっと、なんだっけ?」と私。

「なーに?」と妻。

「いや、何でもない」と私は、再び文庫に視線を移した。

 

マグロ釣りごっこやろう!

イヤだよ!

何それ?

マグロっておいしい?

 

「はぁ?」

「ちょっと、急に大声出して、どうしたの?」

「マグロ釣りごっこって、何?」

「何、それ?」

 

どうやら、声の主は我が次男、狂平。

友達にマグロ釣りごっこを提案するも、完全に却下されているようだ。

 

 

マグロ釣りごっこって、一体、何だ!!!

私の休日から優雅さは消え去り、心が波打つように騒ぎ始めた。

 

私は狂平の帰宅を待った。待ちわびた。

 

夕刻、まず、兄の憂輔が帰ってきた。

私は小学校でマグロ釣りごっこなる遊びが流行っていることを期待して聞いた。

「憂輔、マグロ釣りごっこっておもしろいの?」

「は?何それ?」

 

ダメだ。解決しない!

そして、さらに待つこと数分。

ついに、狂平が帰ってきた。

私は玄関に駆け下り、「おかえり」の挨拶もそこそこに問いつめた。

「マグロ釣りごっこって、何?」と。

 

すると、狂平はニコッと笑って答えた。

 

……続きは次回……

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

工場見学

おつかれさまです。

 

今日、京都の方へ色校の確認に行ってきました。

 

色校チェックのために工場に行くのは初めてで、

小学校の時の社会見学を思い出しました。

 

実際に生で印刷物が刷り上がっていくのを見ると、

制作している物が世に出て行くのを実感できます。

ディスプレイの色校だったため物も大きく、

どんどん刷り上がる様子は迫力がありました。

また他のディスプレイの組立の様子や、

段ボールができあがる行程、

衛生管理がとてもしっかりしていることなど

制作しているだけでは知らないことを実際に見ることができて

とてもよい経験になったと思います。

 

残念ながら写真はNGということで撮影はできませんでしたが、

遠くまで足を運んだかいがありとても充実した1日になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

64。

あの、「ロクヨン」である。

 

 

横山秀夫 氏の文庫本発刊とともに、
なんと4月からNHKドラマが、
さらに映画化もされるということを知る。

 

 

 

ふふふ。

 

 

 

興味を引くのは、ドラマのほうの主演が、
ピエール瀧 氏であるというキャスティング。

 

 

 

いいんじゃない。

 

 

 

ちなみに映画は、○○ ○○氏とのこと。

 

 

…………… (ぐぐりましょー)

 

 

ロクヨンとは、7日間しかなかった昭和64年に起きた
少女誘拐殺害事件を指す符丁。

 

 

NHKの番宣と思われてもいたし方ない、いたしかゆし、いとしこいし。

 

 

囁かな楽しみを胸に秘め、
わしは通勤読書で、4月のその日にそなえているのであった。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3月3日

昨晩の地震びっくりでしたね

 

 

 

震源地が岐阜だったので

ドン!って突き上げられるような縦揺れで

実際の震度以上に感じました

 

 

 

 

こういうことがあるたび、備えをせねば…と考えますが

なかなか手つかずでダメですね

 

 

 

 

よし、今週末やる!

 

 

 

 

 

 

そんな昨日はひなまつり

 

 

 

我が家も娘がいますのでお雛様を飾って

日曜日に寿司とケーキを食べました

 

 

 

 

昨日の地震にも倒れることはなく一安心

 

 

 

 

 

本当は昨日片付ける予定だったそうですが(妻まかせ)

雨だったので中止

 

 

 

 

 

なので片付けできるまで背を向けて出してあります

 

 

 

 

全員背中を向けたひな人形は

ちょっと面白い光景です(写真なし)

 

 

 

 

 

 

婚期がどうのこうのって話は

要は出しっ放しにしないようにするための

教訓的な話のようですね

 

 

 

 

でももっとずぼらな人は

出すことすらしなさそう。笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

野生のナイトサファリパーク

週末に夫婦で夜ドライブに出かけました。
具体的な目的地はなく、何となく養老(岐阜)方面の山を目指します。

 

夜中(23時ぐらい)なので安全の為に峠道ではなく、一般国道を選択。
それでも信号がほとんどなく「とても快適」でしたwww

 

気分よく愛車を走らせていると、路肩から影が横切りました!?
あわてて「急ブレーキ」で回避成功!!

 

道路を横断した犯人は。。。

 

「野生の鹿」でした。。。

 

久しぶりに野生の鹿を見た為、妙なハイテンションでドライブを続行w

すると、再び「鹿」登場!!今度は3頭も。。。

 

その後も、何度も鹿と遭遇。。。
そして、その度に肝を冷やしました!!(あと1mで接触する場面も。。。)

 

いつ飛び出してくるかわからない恐怖心と戦いながら無事「鹿ゾーン」通過!!

 

結局、9頭の鹿と遭遇しました。。。。。。

 

過去には、鹿をはじめ、猿、狸、兎、梟などとも遭遇したことがあります。

(猿は本当に危険です!!)

養老方面の山は名古屋から1時間弱で行ける「野生のナイトサファリパーク」って感じですねw

 

あなたも養老方面の夜ドライブへ行ってみてください!!
(多分)素敵な出会いが待っていますwww

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

カテゴリー

  • カテゴリーなし

最近のコメント

検索